ヤフオクやメルカリでよく使われる「3N」という言葉の意味とは?

ヤフオクやメルカリを利用していると、出品者からの説明で「3Nでお願いします!」というフレーズをよく見かけます。

しかし、オークションやフリーマーケットにあまり慣れていない方だと、この「3N」という言葉の意味があまりピンとこないのではないでしょうか?

ここではヤフオクやメルカリでよく使われる「3N」という言葉の意味を解説します。

スポンサーリンク

「3N」の意味とは?

  • 「No Claim(ノー・クレーム)」=「苦情不可」
  • 「No Return(ノー・リターン)」=「返品不可」
  • 「No Cancel(ノー・キャンセル)」=「契約解消不可」

ヤフオクやメルカリでよく使われる「3N」とは、上記の3つの頭文字をとった言葉です。もうちょっと説明を付け加えるのなら、「商品の文句は受け付けません」「商品の返品はできません」「取引は解消できません」というようなニュアンスになるでしょう。

スポンサーリンク

なぜヤフオクやメルカリなどの出品者は「3Nでお願いします」と記載するのか?

  • 中古品と記載したのに「ちょっと使用感がある」と文句をつける
  • 洋服や靴などを「何かイメージと違う」と簡単に返品する
  • 「やっぱり気分が変わった」と自分勝手にキャンセルする

ヤフオクやメルカリの利用者にはこのようにマナーの悪い方も混じっています。そのため、ヤフオクやメルカリの出品者は、「3Nでお願いします!」と記載することであらかじめ釘を刺しているのでしょう。

また、一般人がヤフオクやメルカリに商品を出品する場合には、「自分にとって不要なものを気軽にお金に換えたい」と考えていることがほとんどです。できるだけ面倒なことをしなくてもよいように、「3Nでお願いします!」と記載しているのだと思います。

「3Nでお願いします」という記載は法的に有効なのか?

ではヤフオクやメルカリの出品者は「3Nでお願いします!」と記載すれば、あらゆる売買契約が成立するのでしょうか?実は「3Nでお願いします!」と記載していても、法的に有効にならないケースもあります。

たとえば、商品説明や写真などの取引条件に嘘などがあれば、「3Nでお願いします!」と記載していても法的に有効になりません。「全く音の出なくなったiPod」であるにもかかわらず「まだまだ普通に使えるiPod」などと記載していれば、それは嘘ですよね。「3Nでお願いします!」と記載していても法的には無効です。

したがって、「3Nでお願いします!」と記載されていたとしても、必要以上に不安に思う必要はありません。明らかに事前の商品の説明や写真などと異なるものが届いたら、堂々と商品の苦情を言ったり(Claim)、商品の返品をお願いしたり(Return)、取引をやめたり(Cancel)しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加