就職祝いの金額相場は?その他の就職祝いのマナーも徹底解説!

自分の身近な人が就職するとなると、しっかりとお祝いをしてあげたいと思うものですよね。ただ「就職祝いの金額相場はいくらくらいなんだろう?」と疑問に思うこともあるでしょう。

ここでは就職祝いの金額相場についてお伝えします。また、就職祝いに最適なプレゼントや、その他の就職祝いのマナーなども徹底解説していきます。

スポンサーリンク

誰まで就職祝いを贈る必要があるのか?

一般的に就職祝いは三親等以内の親族に贈るのがマナーです。「親等」とは親族関係の遠近を測るものさしのようなもので、1,2,3,…と数字が大きくなるにつれて血縁関係が離れていきます。

  • 1親等…父・母、息子・娘
  • 2親等…祖父・祖母、孫、兄弟・姉妹
  • 3親等…叔父・叔母、甥・姪

あなたを基準として考えると、上記のようになります。なお、配偶者は同じ親等と考える(夫婦はセットで考える)ので、義理の親族関係でも上記と同じ親等となります。たとえば、義父・義母は1親等となりますし、義兄弟・姉妹は2親等となります。

また、一般的に就職祝いは親族間で行うものなので、基本的に血縁関係のない相手に就職祝いを贈る必要はありません。ただ血縁関係がない相手に就職祝いを贈ってはいけないということではありませんから、普段から親しくしている友達や先輩・後輩などに就職祝いを贈るのはもちろんOKです。

就職祝いの金額相場はいくらくらいなのか?

では就職祝いの金額相場はいくらくらいなのでしょうか?就職祝いの金額相場は相手との関係性などによって変わります。実際に冠婚葬祭に関する書籍やインターネットなどで調べてみると、おおよそ下記の表のようになりました。

就職祝いを贈る相手 金額相場
息子・娘 30,000~50,000円
30,000~100,000円
兄弟・姉妹 10,000~30,000円
甥・姪 10,000~30,000円
その他の親戚(いとこなど) 10,000~20,000円
友達・先輩・後輩など 5,000~10,000円

世間一般の就職祝いの金額相場を参考にしつつも、あなたが置かれている状況ごとに臨機応変に対応すること大切です。

たとえば、甥・姪に就職祝いを贈る場合を考えてみましょう。

甥・姪と普段はそれほど交流がないのというのであれば、就職祝いの金額は最低限の10,000円でよいでしょう。逆に甥・姪と普段から仲よくしているのであれば、就職祝いは奮発してもよいかもしれません。きっと30,000円くらい包んでも何も違和感はないはずです。

また、最近ではだいぶ珍しくなりましたが、甥・姪が4人兄弟・姉妹だったりすると毎回就職祝いで30,000円も包むのは大変です。就職祝いは1人につき10,000円でもよいでしょう。逆に甥・姪が1人っ子であれば就職祝いも奮発しやすいですから、思い切って30,000円くらい包んでもよいかもしれません。

さらに甥・姪の新生活を考慮してあげてもよいかもしれません。甥・姪が就職をきっかけに田舎から東京に出るなんて場合には、きっと最初はたくさんお金がかかるはずです。「仕事を頑張ってほしい」という気持ちを込めて、就職祝いの金額は奮発してもよいと思います。

スポンサーリンク

就職祝いにおすすめのプレゼントは?

就職祝いに現金やギフト券を贈るのもよいですが、何かプレゼントを贈るのもよいでしょう。相手もプレゼントをもらうほうが気を遣わなくてよいかもしれません。ここでは就職祝いにおすすめのプレゼントをいくつかご紹介します。

  • ネクタイ【男性】
  • アクセサリー【女性】
  • 腕時計
  • 財布
  • 名刺入れ
  • 定期入れ
  • キーケース・キーホルダー
  • 高級ボールペン・万年筆
  • ハンカチ・ハンドタオル
  • タンブラー・ランチボックス
  • デジタルオーディオプレイヤー(iPodなど)
  • タブレット端末(iPadなど)
  • 電動シェーバー【男性】
  • 美容家電(加湿器・美顔器・ドライヤーなど)【女性】

就職祝いのプレゼントには、これからの社会人生活で役立つ実用的なものを贈るのがおすすめです。

また、就職祝いのプレゼントとしてネクタイは定番ですが、仕事で制服や作業着が用意されている場合にはあまり喜ばれないでしょう。そのため、相手の就職先や仕事内容などを把握しておくことも大切です。

さらにどんなプレゼントを選ぶとしても、シンプルなデザインのものがおすすめです。仕事ではシンプルなデザインのものが活用しやすいからです。

その他の就職祝いのマナー

必ず「新札」を包む

一般的に就職などのご祝儀で現金を包む場合には、「新札」で用意するのがマナーです。就職などのご祝儀にまだ一切使用されていない新札を包むのには、「あなたのために事前に用意しておきました」という心遣いが込められてます。

参考記事 意外と知らない新札(ピン札)を入手する7つの方法

「4」「9」のつく金額は避ける

「4」「9」は「死」「苦」を連想させる数字で、縁起がよくありません。就職祝いなどのご祝儀で現金・商品券などを包む場合は「4」「9」のつく金額を絶対に避けるようにしましょう。

熨斗(のし)には紅白の水引で蝶結びのものを選ぶ

就職祝いで現金・商品券などを包むとき、熨斗(のし)には紅白の水引で蝶結びのものを使います。この熨斗はお祝いごと全般で利用されるものです。

熨斗の表書きには「就職御祝」などを使う

熨斗の表書きには「就職御祝」「祝御就職」「御就職御祝」などが使われます。また、あなたの名前は表書きの下部に書きましょう。

ご祝儀袋にお札は表向きで入れる

「ご祝儀は表向き」「不祝儀は裏向き」でお札を入れるが一般的です。これは「死の世界はこの世とは逆さになっている」と仏教で考えることに由来しています。ご祝儀袋の内袋の表の上側に偉人の肖像がくるようにお札を包みましょう。

就職祝いはできるだけすぐに贈る

就職祝いには仕事の準備を応援する意味もあります。そのため、相手の仕事先が決まったら、就職祝いはできるだけすぐに贈るのがよいです。最低でも初めての出勤までには就職祝いを贈るのがマナーです。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?就職祝いの金額相場やマナーなどをご紹介してきました。ただあなたが置かれている状況ごとに臨機応変に対応することが大切です。ぜひ相手の就職を心から祝福してあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加