仁和寺の紅葉2017の見ごろの時期や夜間ライトアップ・混雑情報まとめ

今年もだんだんと紅葉の季節が近づいてきました。京都の仁和寺に紅葉を見に行こうと方もたくさんいらっしゃるでしょう。

ここでは仁和寺の紅葉2017の見ごろの時期や夜間ライトアップ情報・混雑状況などをお伝えします。また、仁和寺周辺の紅葉おすすめスポット5選もご紹介します。

スポンサーリンク

仁和寺の紅葉2017の基本情報

世界文化遺産にも登録されている仁和寺は、宇多天皇が平安時代に創建した真言宗御室派の総本山で、金堂・二王門・中門・五重塔・経蔵など多数の国宝や重要文化財が並びます。そんな仁和寺は秋の紅葉の名所としても有名で、荘厳な伽藍が朱に染まる秋の風景は趣があります。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 [3月~11月]9:00~17:00(16:30受付終了)
[12月~2月]9:00~16:30(16:00受付終了)
料金 大人・高校生500円/中学生・小学生300円
地図
住所 京都府京都市右京区御室大内33
アクセス ●JR「京都駅」より市バスの26系統で「御室仁和寺」下車後に徒歩すぐ
●京阪電鉄「祇園四条駅」・阪急電鉄「河原町駅」より市バスの10系統または59系統で「御室仁和寺」下車後に徒歩すぐ
●京福電鉄北野線(嵐電)「御室仁和寺駅」より徒歩5分
駐車場 有料駐車場あり(約100台)
問い合わせ先 TEL:075-461-1155
HP http://ninnaji.jp/

仁和寺の紅葉2017の見ごろの時期はいつくらいなのか?

例年仁和寺の紅葉が見ごろとなる時期は、おおよそ11月中旬~12月上旬です。もちろん、今年の気候によって多少は前後しますが、今年は例年とほとんど変わらないと予想されています。

仁和寺の紅葉2017の夜間ライトアップ情報は?

京都の紅葉スポットでは夜間ライトアップを実施するところが多いです。しかし、残念ながら仁和寺では紅葉シーズンに夜間ライトアップを実施しません。

おそらく仁和寺で紅葉シーズンに夜間ライトアップを実施しないのは、仁和寺周辺が住宅街になっているからです。夜間まで観光客の大混雑が続いてしまうことで、さらに近隣住民に迷惑がかかってしまわないように配慮しているのでしょう。

仁和寺の紅葉シーズンの混雑状況は?

例年紅葉シーズンの京都市内中心部はどこにいっても大混雑です。特に最近では外国人観光客も増加しているので、より混雑がひどくなりつつあります。

京都を代表する観光名所である仁和寺は、普段から観光客であふれかえっているくらいです。今年の紅葉シーズンも仁和寺が大混雑するのはまず間違いありません。

仁和寺を紅葉シーズンに訪れるのなら、大混雑も計算に入れておきましょう。できるだけ混雑を避けるには、開門後すぐの9:00~10:00ごろに拝観するのがおすすめです。

また、仁和寺にアクセスするまでも十分に注意しましょう。京都市内中心部はどこも大渋滞になりますから、バス・タクシーでの移動は本当に最小限にとどめるのがよいです。もちろん、京都市内中心部に自家用車で入るなんてことは絶対にしないようにしたいですね。

スポンサーリンク

仁和寺周辺の紅葉おすすめスポット5選

せっかく京都に来たにもかかわらず、仁和寺の紅葉を見るだけというのはちょっともったいないですよね。仁和寺周辺にはまだまだ紅葉の名所が点在しています。ここでは仁和寺周辺の紅葉おすすめスポット5選をご紹介します。特に「仁和寺~龍安寺~金閣寺」とで3つの世界遺産を回るルートは定番です。

1.龍安寺

世界文化遺産にも登録されている龍安寺には、有名な枯山水の石庭があります。この石庭に並べられた15個の石は、どこから見ても1個だけ見えないように設計されています。そんなどこかミステリアスな石庭と紅葉のコントラストもよいですが、庫裏(くり)石段のモミジのトンネルの美しさも一見の価値ありです。

仁和寺から龍安寺へは徒歩で約15分ほどでアクセスできます(約1.0km)。また、市バスの59系統(バス停「御室仁和寺」→「竜安寺前」)でもアクセスできます。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 [3月~11月]8:00~17:00(16:30受付終了)
[12月~2月]8:30~16:30(16:00受付終了)
料金 大人・高校生500円/中校生・小学生300円
住所 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13
問い合わせ先 TEL:075-463-2216
HP http://www.ryoanji.jp/top.html

2.金閣寺

世界文化遺産にも登録されている金閣寺は、実は京都の紅葉スポットとしてはそれほど有名ではありません。おそらく金閣周辺には松や杉などの針葉樹が多いためでしょう。ただそれでもところどころにカエデの木々がありますから、金色と赤色のコントラストを楽しむことができます。特に鏡湖池に映り込む金閣に紅葉が華を添えてくれます。

仁和寺から龍安寺へは徒歩で40分ほどでアクセスできます(約2.5km)。途中に龍安寺も拝観するルートであれば、十分に歩けるでしょう。また、市バスの59系統(バス停「御室仁和寺」→「金閣寺前」)でもアクセスできます。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 9:00~17:00(16:30受付終了)
料金 拝観大人・高校生400円/中学生・小学生300円
住所 京都府京都市北区金閣寺町1
問い合わせ先 TEL:075-461-0013
HP http://www.shokoku-ji.jp/k_about.html
(相国寺HP内)

3.等持院

等持院は室町幕府を起こした将軍足利家の菩提寺です。東の「心字池」と西の「芙容池」で構成される等持院の庭園では、池の周囲を歩きながら赤や黄に染まる紅葉を楽しめます。等持院は観光客も少なめなので、ゆったりと紅葉を楽しめる穴場スポットです。

仁和寺から等持院へは徒歩で30分ほどでアクセスできます(約2.0km)。また、京福電鉄北野線(「御室仁和寺駅」→「等持院駅」)でアクセスしてもよいでしょう。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 9:00~17:00 (16:30受付終了)
料金 大人・高校生500円/中学生・小学生300円
住所 京都府京都市北区等持院北町63
問い合わせ先 TEL:075-461-5786
HP

4.大法院

妙心寺塔頭のひとつである大法院は、真田幸村の兄で松代藩主であった真田信之の菩提寺として創建されました。普段は非公開ですが、紅葉シーズンには公開されます。大法院の拝観料にはお抹茶・お菓子が含まれているので、紅葉の露地庭園(茶室に付随する庭園のこと)を眺めながらゆっくりと贅沢な時間を過ごせます。

仁和寺から大法院へは徒歩で15分ほどでアクセスできます(約1.0km)。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 ■秋の特別拝観【11月1日(水)~11月30日(木)】
9:00~16:00 (15:30受付終了)
料金 大人700円
(抹茶・菓子付)
住所 京都府京都市右京区花園大藪町20
問い合わせ先 TEL:075-461-5162
HP

5.退蔵院

妙心寺塔頭のひとつである退蔵院は、京都の隠れた紅葉の名所です。特に昭和の名庭として知られる余香苑では、ひょうたん池を取り囲むカエデの木々が真っ赤な装いで拝観者を出迎えます。また、退蔵院ではお食事付き特別拝観(予約制)も開催されます。特に夜プランは紅葉ライトアップも楽しめるので、非常に人気が高いです。

仁和寺から退蔵院へは徒歩で20分ほどでアクセスできます(約1.5km)。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 9:00~17:00(受付終了)
料金 大人500円/中学生以下300円
住所 京都府京都市右京区花園妙心寺町35
問い合わせ先 TEL:075-463-2855
HP http://www.taizoin.com/

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?仁和寺の紅葉2017の見ごろの時期や夜間ライトアップ情報・混雑状況をお伝えしてきました。また、仁和寺周辺の紅葉おすすめスポットもご紹介してきました。今年も大混雑が予想されますが、ぜひ仁和寺の紅葉をたっぷりと楽しんでくださいね。

※紅葉の時期は気候などによって変動します。
※各寺社仏閣の拝観時間・料金などは変更されることがあります。

<画像出典>
●京都フリー写真素材
http://photo53.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加