男性がLINEのやりとりをもう終わらせたいときの5つのサインとは?

smartphone-man1

あなたは片思いの男性とのLINEのやりとりをついつい長引かせていませんか?いつまでもLINEのやりとりを続けていたい気持ちはわかりますが、もしかすると相手の男性には「そろそろ別のことがしたいんだけどな…」なんては思われているかもしれません。

ここでは男性がLINEのやりとりをもう終わらせたいときの5つのサインをお伝えします。LINEのやりとりをいつまでもダラダラと続けることで、相手の男性に悪印象を持たれないように注意しましょう!

スポンサーリンク

男性がLINEを終わらせたいときの5つのサインとは?

サイン1.相槌を打つだけになる

「うん」「へぇー」「そうなんだ」などなど…。相手の男性が相槌を打つだけのメッセージしか送ってこなくなった場合には、もうLINEのやりとりを終わらせたいと思っている可能性が高いでしょう。

ただ相手の男性がLINEで相槌を打つだけになるのは、単純に現在の話題にあまり興味が持てないだけということもあります。まずは相手の男性が興味を持てそうな話題に変えてみましょう。それでも相手の男性の反応が薄いのなら、いさぎよくLINEのやりとりを終了したほうがよいかもしれません。

サイン2.自分からは質問をしてこない

あなた:「最近仕事の調子はどうなの?」
男性 :「特に何にもないよー」
あなた:「そうなんだ、トラブルがないのはいいことだよね」
男性 :「そうだね」
あなた:「・・・・・」

男性がLINEのやりとりをもう終わらせたい場合には、上記のように自分からはあまり質問をしてこなくなる傾向があります。残念ながら相手の男性はできるだけ会話が膨らまないようにしているのです。

逆に相手の男性がLINEのやりとりを続けたいのなら、「○○ちゃんは仕事どうなの?」というように質問が返ってくるはずです。相手の男性が自分から一切質問をしてこなくなったら、無暗にLINEのやりとりを続けようとするのはやめたほうがよいでしょう。

サイン3.スタンプしか送ってこなくなる

LINEでスタンプを送るのはとにかく手軽ですよね。相手の男性のLINEがスタンプばかりになってきた場合には、相手の男性はLINEのやりとりに飽きてきたのかもしれません。

スポンサーリンク

「LINEのスタンプは会話終了や返信不要の合図として使っている」なんて一般男性の口コミも少なくありません。もちろん、他愛もない会話をしてるときに面白系のスタンプを連発したりすることもあるので、男性の意図を見極めるのはなかなか難しいところです。相手の男性とのLINEの文脈から総合的に判断しましょう。

サイン4.だんだんと返信ペースが落ちる

相手の男性のLINEの返信ペースがだんだんと落ちてきたら、相手の男性はLINEのやりとりを面倒に感じ始めています。特に久しぶりにLINEが返ってきたと思ったら、メッセージがたった一言だった…。このようなときは「これでLINEの会話は終了にしよう」というサインで間違いありません。

LINEのやりとりをダラダラと続けていても、お互いの関係は何も発展しません!片思いの男性とずっとつながっていたい気持ちはわかりますが、あなたからLINEのやりとりを終わらせましょう。「あれ?ずっとLINEを送ってきてたのにどうしたんだろう?」なんてちょっと気を引けるかもしれませんよ。

サイン5.今後の予定をアピールしてくる

「この後は友達と夜ごはん食べに行く予定なんだ」「明日も朝から仕事面倒くさいな~」「最近資格をとるために勉強してるんだよね」などなど…。相手の男性がLINEで今後の予定を伝えてくるのなら、遠回しにLINEのやりとりをもう終わらせたいとアピールしている可能性があるでしょう。

相手の男性に今後の予定を伝えてきた場合には、「じゃあ、また今度連絡するね」「そろそろ寝ようか?」「きっと忙しいよね」というようなメッセージを送るのがよいです。もちろん、相手の男性がただ単に今後の予定を話題に出したかっただけとパターンもありますが、いずれにしてもあなたは自然と気遣いのできる女性という印象を残せます。

最後に

smartphone

いかがでしたか?男性がLINEのやりとりをもう終わらせたいときの5つのサインをお伝えしてきました。無暗にLINEのやりとりを続けようとすると、相手の男性に悪印象を持たれてしまうかもしれません。相手の男性のLINEのやりとりをもう終わらせたいというサインを見逃さないようにしましょう。

ただ相手の男性とLINEのやりとりがなかなか続かなくても、必ずしも相手の男性に嫌われているわけではありません。相手の男性にも仕事・勉強・趣味・家事・食事・お風呂・睡眠などの活動がありますから、単に物理的にLINEを続けられないだけということもあるでしょう。また別の機会にLINEのメッセージを送ってみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加