捻挫の痛みや腫れが長引くときの原因と対処方法まとめ

nenza

「捻挫の痛みや腫れが長引いている…」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?もしかしたら別の問題があるのではないかと心配に思う方もいらっしゃるでしょう。

ここでは捻挫の痛みや腫れが長引くときの原因と対処方法をお伝えします。単なる捻挫のはずなのに痛みや腫れが長引いているという方は、ぜひ何かのヒントをつかんでくださいね。

スポンサーリンク

そもそも捻挫とは?

そもそも捻挫とは、骨と骨を繋いでいる関節部分(靭帯・腱・軟骨など)の損傷のことです。関節部分に運動許容範囲を超えた負荷がかかることで起きます。関節のある部位ならどこでも起きる可能性がありますが、実際には足首や手首などで発生しやすいケガです。

捻挫は少なからず内出血や炎症を引き起こします。そのため、捻挫をすると関節周辺に痛みや腫れが発生するのです。

また、捻挫にもさまざまな損傷レベルがあります。一時的に靭帯が伸びているだけの軽傷のケースが多いのですが、部分的に靭帯が切れているような重傷のケースも少なくありません。また、単なる捻挫だと思っていたら、靱帯断裂・脱臼・骨折を伴っていることもあります。

捻挫の痛みや腫れが引くまでの期間はどのくらいなのか?

tokei640

では足首などの捻挫の痛みや腫れが引くまでの期間はどのくらいなのでしょうか?

前述した通り、捻挫にもさまざまなケースがあります。そのため、捻挫の痛みや腫れが引くまでの期間がどのくらいなのかは、その捻挫の損傷レベルによって変わります。

たとえば、一時的に靭帯が伸びているくらいの軽傷の捻挫であれば、基本的に内出血や炎症もそれほどひどくなりません。そのため、適切な応急処置をした上でできるだけ安静にしていれば、おおよそ1週間ほどで痛みや腫れが引いてきます。

一方で部分的に靭帯を断裂しているなどの重傷の捻挫では、やはり内出血や炎症もひどくなります。こうした重傷の捻挫の痛みや腫れが引くまでには、最低でも2週間以上はかかります。

ただいずれにせよ、一般的な捻挫ではおおよそ1カ月もすれば痛みや腫れが引いているはずです。捻挫の痛みや腫れがもっと長引いている場合には、何か見落としていることがあるかもしれません。

ではなぜ捻挫の痛みや腫れが長引くことがあるのでしょうか?以下でいくつかのケースを考えてみましょう。

捻挫の痛みや腫れが長引くときの原因と対処方法

mushimegane

ケース1.捻挫が完治する前に患部を動かしている

あなたは捻挫の痛みや腫れが引き始めたくらいのときに、ついつい患部の関節を動かしていませんか?たとえば、テーピングやサポーターをつけるのをやめてしまったり、スポーツを再開してしまったりです。

捻挫の治療で最も重要なのは、とにかく患部を動かさないことです。患部の関節を固定することで、靭帯・腱・軟骨などの修復がスムーズに進むからです。

逆に患部の関節を無闇に動かしてしまうと、靭帯・腱・軟骨などがなかなか修復しません。しかも、捻挫の炎症が再発することもあるので、結果的に捻挫の痛みや腫れが長引いてしまうでしょう…。

靭帯・腱・軟骨などの関節組織が完全に修復するには、意外と時間がかかります。捻挫の痛みや腫れが引いてきたからといって、急にスポーツなどを再開しないようにしましょう。また、もし捻挫の炎症が再発してしまったら、アイシングなどの応急処置をするようにします。

スポンサーリンク

ケース2.実は脱臼や骨折をしている

患部の痛みや腫れが長引いているのは、もしかしたら脱臼骨折などを伴っているからかもしれません。特に病院で診察を受けていない場合には、その可能性が十分に考えられます。基本的に脱臼や骨折などが自然に治ることはないため、いつまでも患部の痛みや腫れが引かないのです。

「自分は脱臼や骨折ほどの大ケガではないだろう」と考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、ほんのちょっとだけ骨の組み合わせがずれていたり、ほんのちょっとだけ骨の表面がはがれていたりすることもあります。捻挫・脱臼・骨折など関節の損傷を外見だけで正確に見極めることはできません。

したがって、ちょっとでも不安に思うことがあるなら、自己判断せずに病院で診察を受けたほうがよいでしょう。もし脱臼や骨折などが見つかったら、整復療法や手術療法で対処していくことになります。

なお、関節の損傷で病院を受診するなら整形外科が最適です。というのも、関節の損傷を正確に判断するためには、レントゲン撮影が必要になるからです。MRI検査が必要になることもあるかもしれません。整骨院や接骨院ではレントゲン撮影やMRI検査はしてくれませんので、必ず整形外科の専門医がいる病院を選びましょう。

ケース3.捻挫の後遺症が残ってしまった

捻挫から半年以上経過しても痛みや腫れがある場合には、捻挫の後遺症が残ってしまった可能性も考えられます。適切な治療・リハビリなどを行わなかった場合などには、捻挫でも関節に痛みや腫れが残ってしまうことがあるのです。

たとえば、捻挫の後遺症で関節がグラグラと不安定なままになることで、何らかの動作で骨が神経にこすれるようになることがあります。そうすると、いつまでも捻挫の痛みや腫れが引きません。

もし捻挫の後遺症で痛みや腫れが残ってしまった場合には、保存療法で十分に改善することは難しくなります…。確実に関節の痛みや腫れをとるためには手術療法が必要です。どうしても手術をしたくないなら、テーピングやサポーターで対応することになるでしょう。

捻挫はよくあるケガのひとつですが、決して軽視はできません。捻挫の後遺症が残らないように、最初に適切な治療・リハビリを行うことが大切です。

最後に

いかがでしたか?捻挫の痛みや腫れが長引くときの原因と対処方法をお伝えしてきました。いずれのケースでもまずは遠慮せずに病院で診察を受けるのが確実です。専門家と一緒に適切な治療方法を考えていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加