京都駅から永観堂へのアクセス方法まとめ(バス・電車・タクシーなど)

eikando

京都駅から永観堂(禅林寺)へのアクセス方法(交通手段)をまとめました。京都駅から永観堂へのアクセス方法としては、以下のようなものがあります。それぞれのアクセス方法のメリット・デメリットや所要時間や料金についてもお伝えします。

  • バス
  • 電車
  • タクシー
スポンサーリンク

京都駅から永観堂へバスでアクセスする方法

bus京都駅から永観堂までアクセスするには、バスを利用するのが最もわかりやすいです。特に乗り換えもないので、初めてでも迷うことはないでしょう。

ただ京都市内は非常に道路が混雑するため、普段からバスはほとんどダイヤ通りに動きません。特に桜や紅葉のシーズンになると、バスが交通渋滞で30分以上も同じところから進んでいないなんてこともあります…。

もちろん、バスがスムーズに運行されることもありますが、京都市内をバスで移動するときには、十分に時間に余裕をもっておいたほうがよいでしょう。できるだけ移動に時間をかけたくない方は、別のアクセス方法を検討するのもよいかもしれません。

京都駅から永観堂へアクセスできるバスは、以下の2系統があります。どちらも所要時間・料金はほぼ変わりませんので、どちらに乗車してもよいでしょう。

市バス5系統(A1乗り場)

京都駅烏丸口前のバスターミナルより「市バス5系統(A1乗り場)」に乗車します(約35~40分)。そして、バス停「南禅寺・永観堂道」で下車後は、徒歩で永観堂へ向かいましょう(約5~10分)。市バス5系統は日中おおよそ10分間隔で運行されています。

  • 所要時間:約40~50分(ダイヤ通りの場合)
  • 料金:大人230円

市バス100系統(D1乗り場)

京都駅烏丸口前のバスターミナルより「市バス100系統(D1乗り場)」に乗車します(約35~40分)。そして、バス停「宮ノ前町」で下車後は、徒歩で永観堂へ向かいましょう(約5~10分)。市バス100系統は日中おおよそ10分間隔で運行されています。

  • 所要時間:約40~50分(ダイヤ通りの場合)
  • 料金:大人230円

京都駅から永観堂へ電車でアクセスする方法

train京都駅から永観堂へは電車でもアクセスできます。電車だと乗り換えが必要になりますが、交通状況の影響を受けないので、移動時間の計算が狂うことがありません。できるだけ計画的に移動したいという方によいでしょう。

具体的なルートは以下の通りです。日中なら十分な電車(地下鉄)が運行されていますので、乗り換えにはあまり時間はかかりません。

【京都駅→烏丸御池駅→蹴上駅→永観堂】

まず京都駅より地下鉄烏丸線の国際会館方面ゆきに乗車します(3区間/約6分)。そして、「烏丸御池駅」で下車後、地下鉄東西線の六地蔵方面ゆきに乗車します(4区間/約7分)。「蹴上駅」で下車後は徒歩で永観堂まで向かいます(約15分)。

  • 所要時間:約35~40分
  • 料金:大人260円

京都駅から永観堂へタクシーでアクセスする方法

taxy京都駅から永観堂へタクシーで向かうと、おおよそ20~25分で到着します。もちろん、そのときの交通状況の影響をだいぶ受けますし、運転手さんのアタリ・ハズレもあります(抜け道を知っているかなど)。

スポンサーリンク

京都駅から永観堂へのタクシー料金の目安は、おおよそ1,500~2,000円ほどです。どうしてもバスや電車と比較すると料金が高くなってしまうでしょう。

ただ当たり前のことですが、タクシーは最も快適に目的地に到着できる交通手段です。3人以上のグループでの旅行などであれば、意外とコストパフォーマンスはよいかもしれません。また、キャリーバッグなどの荷物があるときにもタクシーが便利です。

  • 所要時間:約20~30分
  • 料金:約1,500~2,000円

【番外編】京都駅から永観堂へ徒歩でアクセスする方法

walk京都駅から永観堂へ徒歩で向かうと、おおよそ70~90分ほどです(約5.8km)。もちろん、ルートは複数考えられますから、それにも影響されるでしょう。

京都散策を楽しむのだとしても、体力と時間を使いすぎてしまうでしょう。祇園などの観光名所に立ち寄るルートも考えられますが、京都駅から永観堂へ徒歩でアクセスするのは、あまりおすすめしません。

  • 所要時間:約70~90分
  • 料金:0円

最後に

いかがでしたか?京都駅から永観堂(禅林寺)へのアクセス方法(交通手段)をお伝えしてきました。いずれのアクセス方法にもメリット・デメリットがありますから、あなたの目的に合ったものを選ぶとよいでしょう。ぜひ永観堂の参拝・観光を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク