インフルエンザ予防接種の前後に飲酒してもよいのか?

tyusya

インフルエンザの予防接種の前後をどのように過ごすのかは、意外と悩んでしまうものです。インフルエンザの予防接種の前後に仕事関係で飲み会に誘われるなんてこともあるでしょう。ではインフルエンザの予防接種の前後に飲酒をしてもよいのでしょうか?

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の「前」に飲酒してもよいのか?

インフルエンザの予防接種の前日などに仕事で飲み会に誘われるなんてこともきっとあるでしょう。でも安心してください。インフルエンザの予防接種前に飲酒をしても特に問題ありません。

ただインフルエンザの予防接種は体調が良好なときに受けるのが原則です。発熱(37.5℃以上)・頭痛・咳・鼻水・下痢・嘔吐などの症状がひどい場合には、インフルエンザの予防接種はできません。

そのため、インフルエンザの予防接種前に体調が崩れるほどの飲酒はしないほうがよいでしょう。アルコールの代謝能力には個人差があります。あまりお酒に強くない方は特に注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の「後」に飲酒してもよいのか?

ではインフルエンザの予防接種後の飲酒はどうなのでしょうか?インフルエンザの予防接種後も適度な飲酒は特に問題ないでしょう。インフルエンザ予防接種の効果が飲酒によって得られなくなることありません。

ただインフルエンザの予防接種後の過度な飲酒は避けるようにしましょう。というのも、単純に過度な飲酒は身体に負担をかけてしまうため、インフルエンザ予防接種の副反応(副作用)が出やすくなってしまうからです。

インフルエンザ予防接種の副反応(副作用)には、注射箇所の炎症、発熱、頭痛、嘔吐、下痢、悪寒、めまいなどがあります。インフルエンザ予防接種の副反応(副作用)は注射後24時間以内に出やすいです。インフルエンザの予防接種をした当日は、飲み会でも乾杯くらいにしておくのがよいかもしれませんね。

最後に

いかがでしたか?インフルエンザの予防接種の前後に飲酒してもよいのかについてお伝えしてきました。インフルエンザの予防接種の前後も適度な飲酒は特に問題ないということでした。ただインフルエンザの予防接種の前後は、できれば安静にしているのがよいでしょう。最終的には自分の体調と相談するようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加