インフルエンザはお風呂で家族に感染してしまうのか?

furo

毎年冬になるとインフルエンザが流行します。インフルエンザにかかってしまうと、高熱・頭痛・鼻水・咳・倦怠感・悪寒・関節痛などのつらい症状が出ますし、学校や会社などもかなり休まなければいけなくなります。できればインフルエンザにはかかりたくないものですよね。

もし家族内の誰かがインフルエンザにかかってしまったら、他の家族にインフルエンザがうつらないように注意しなければいけません。ではインフルエンザはお風呂で家族に感染してしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

インフルエンザはお風呂で家族に感染するの?

virus

家族内の誰かがインフルエンザにかかってしまったら、他の家族にインフルエンザがうつってしまうことが心配になりますよね。お風呂は家族で共用している場所ですから、より心配になってしまうかもしれません。

でも安心してください。インフルエンザがお風呂で家族に感染することはほぼありません。というのも、インフルエンザウイルスは高温多湿の環境では感染力を失ってしまうからです。お風呂は最もインフルエンザに感染しづらい場所といえるでしょう。

ただ絶対にインフルエンザはお風呂で家族に感染しないとは限りません。脱衣所でインフルエンザがうつる可能性もあるでしょう。そのため、インフルエンザにかかっている家族のお風呂の順番を最後にするとよいかもしれません。そうすれば、インフルエンザにかかっている家族も気を遣わなくてよいです。また、タオルなどは別のものを使うようにします。

なお、インフルエンザウイルスがお風呂のお湯で生存することもないので、インフルエンザに感染している家族が入ったお風呂の残り湯を洗濯に使うことも、特に問題はありません。普段からお風呂の残り湯を洗濯に活用している方はいつも通りでよいでしょう。

スポンサーリンク

インフルエンザのときにお風呂に入ってもよいの?

furo

そもそもインフルエンザにかかっているときにお風呂に入ってもよいのでしょうか?

実は必ずしもお風呂に入ることでインフルエンザが悪化するわけではありません。インフルエンザが治りかけてきている時期であれば、基本的にお風呂に入ってよいでしょう。もちろん、身体が冷えないようにするなどの注意は必要です。

一方でインフルエンザの症状が重たいときには、お風呂は控えるようにしてください。インフルエンザウイルスと戦うためにはたっぷりと体力が必要です。お風呂に入るのは意外と体力を消耗しますから、インフルエンザが悪化してしまうかもしれません。特に下記のような状態の場合にはお風呂は控えましょう。

  • 38℃以上の高熱がある
  • 頭痛・倦怠感・悪寒などの症状がひどい
  • 嘔吐・下痢の症状がひどい
  • 息切れ・呼吸困難などの症状が出ている
  • 意識がもうろうとしている

インフルエンザのときに子供をお風呂に入れてもよいの?

girl_kaze

大人と比較すると、子供は体力がありません。インフルエンザにかかっているとき、子供はお風呂に入れないほうがよいでしょう。インフルエンザが治りかけの時期であっても十分な注意が必要です。

子供はたっぷりと汗をかきます。あせもなどの皮膚トラブルも心配になりますよね。そんなときはお湯で湿らせたタオルで顔や身体を拭いてあげるとよいかもしれません。さっぱりとした気分で寝ることができます。

最後に

いかがでしたか?インフルエンザはお風呂で家族に感染してしまうのかについてお伝えしてきました。インフルエンザがお風呂で家族に感染する心配はほとんどないでしょう。

ただお風呂は体力を消耗しますので、インフルエンザの症状が悪化してしまうかもしれません。しっかりとご自身(もしくはご家族)の体調を見極めた上で、お風呂に入るようにしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加