四日市花火大会2017の開催日程・時間や駐車場・交通規制・穴場スポットまとめ

今年も真夏の夜空を彩る四日市花火大会(三重県四日市市)が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしていますよね。

ここでは四日市花火大会2017の開催日程・時間やアクセス方法・交通規制・駐車場・屋台・露店・有料席チケットなどの情報をお伝えします。また、四日市花火大会2017を観賞するおすすめ&穴場スポット5選もご紹介します。

スポンサーリンク

四日市花火大会とは?

三重県四日市市で開催される毎年恒例の花火大会で、例年おおよそ5万人の観客でにぎわう夏の風物詩イベントです。ミュージックスターマイン・ワイドスターマイン・メッセージ花火などが真夏の夜空を彩ります。

四日市花火大会2017の基本情報

イベント名 第30回四日市花火大会
打上玉数 約4,000発(予定)
開催場所 三重県四日市市 四日市港富双緑地
開催日時 8月27日(日)19:15~20:30
※荒天の場合は翌週9月3日(日)に順延・延期
料金・予約 観賞無料
有料観賞席 あり
アクセス方法 ●JR関西本線「富田駅」または「富田浜駅」より徒歩15分
●近鉄・三岐鉄道「富田駅」より徒歩25分
交通規制 あり(おおよそ16:00~22:00ごろ)
駐車場 なし
トイレ 仮設トイレ約50基
問い合わせ先 TEL:059-354-8405(四日市花火大会実行委員会)

四日市花火大会2017の開催日程・時間は?

四日市花火大会2017は8月27日(日)19:15~20:30に開催が予定されています。

花火打上は少雨の場合には決行されますが、荒天の場合には翌週9月3日(日)に順延・延期されます。両日ともに荒天の場合は完全に中止となります。

花火大会実施の可否は専用の自動音声ダイヤル(TEL:0180-991-354)などで案内される予定です。花火大会当日の天候が悪い場合にはあらかじめ確認しておきましょう。

四日市花火大会2017の開催場所は?

四日市花火大会2017の開催場所は、四日市港の富双緑地です。あらかじめ花火の打上場所を地図で確認しておきましょう。

四日市花火大会2017の観賞エリアへのアクセス方法は?

  • JR「富田駅」または「富田浜駅」より徒歩15分
  • 近鉄・三岐鉄道「近鉄富田駅」より徒歩25分

四日市花火大会2017の観賞エリアへのアクセス方法は上記の通りです。ただ花火大会当日は例年大混雑するため、十分に時間の余裕を持っておいたほうがよいでしょう。

また、花火大会の混雑は「行き」だけでなく「帰り」にも注意したいところです。大混雑で切符がなかなか購入できないなんてこともあるので、あらかじめ帰り用の切符も購入しておくとよいです。ICカードを利用する場合は残金を確認しておきましょう。

四日市花火大会2017の交通規制情報

※クリック・タップでPDFファイルが開きます。

四日市花火大会2017の当日には、会場周辺道路で車両通行禁止などの交通規制が実施される予定です。花火大会の交通規制の時間帯はおおよそ16:00~22:00ごろです。花火大会の詳細な交通規制内容は上図をご確認ください。

花火大会当日には交通規制区域外の道路も大混雑することが予想されます。特に例年国道1号と国道23号は大混雑します。花火大会当日は無暗に車で会場周辺に近づかないほうがよいでしょう。

また、「お車でのご来場はできるだけご遠慮ください」とのことなので、花火大会に向かうには基本的に公共交通機関を利用するのがよいです。

スポンサーリンク

四日市花火大会2017の会場周辺に駐車場はあるのか?

四日市花火大会2017では無料の臨時駐車場が用意されます。花火大会の臨時駐車場となるのは、四日市競輪場駐車場(約3,000台)です。花火大会の観賞エリアへは徒歩20分ほどの距離にあります。

しかし、花火大会の臨時駐車場は決して十分ではありません。例年花火大会の臨時駐車場は夕方前にはほぼ満車となります。花火大会に自家用車で向かう場合には、十分に時間の余裕を持っておいたほうがよいでしょう。花火大会開始直前にウロウロと駐車場を探しているなんてことがないようにしたいですね。

あまり大きな声では言うべきではないかもしれませんが、花火大会の臨時駐車場が満車だった場合には、イオンモール四日市北の駐車場(無料/約2,200台)を利用するとよいかもしれません。花火大会の観賞エリアへは徒歩15分ほどの距離にあります。

ただ花火大会のためだけに駐車するのはマナー違反だと思いますから、花火と一緒に楽しむ食べ物・飲み物を購入するなどの配慮はしたいところです。花火大会で商業施設の駐車場を利用する場合は、自己責任でお願いします。

四日市花火大会2017では屋台・露店は出るの?

お祭り気分で屋台・露店を眺めるのも花火大会の醍醐味のひとつですよね。四日市花火大会2017では屋台・露店は出ているのでしょうか?

例年四日市花火大会ではおおよそ300ほどの屋台・露店でにぎわっています。おそらく今年の花火大会でも同じくらいの屋台・露店が並ぶでしょう。主に花火大会の観賞エリアとなる富双緑地公園や浜園公園の周辺に屋台・露店が並びますので、すぐに見つけられるでしょう。

やきそば・たこ焼き・お好み焼き・フランクフルト・焼き鳥・かき氷・クレープ・チョコバナナ・わたあめ・りんご飴・トロピカルジュース・ラムネ・ビールなどなど…。お祭りの屋台・露店でイメージする食べ物・飲み物はほとんど揃っています。ぜひ花火と一緒に屋台・露店なども楽しんでくださいね。

四日市花火大会2017の有料席チケット情報

四日市花火大会2017では富双埠頭に有料観賞席が設置されます。花火大会を大迫力で楽しみたい方は、有料席チケットの購入を検討してみてもよいかもしれません。

有料席チケットの内容

イス席(指定席) 定員1名 2,000円
芝生席(自由席) 定員1名 2,000円
カップルシート席(指定席) 定員2名 4,000円
テーブル席(指定席) 定員6名 15,000円

有料席チケットの購入方法

四日市花火大会2017の有料席チケットは各種プレイガイドなどで7月5日(水)より販売が開始されます(売切れ次第終了)。四日市花火大会2017の有料席チケットの詳細な購入方法は、【四日市花火大会公式ホームページ】をご確認ください。

四日市花火大会2017のおすすめ&穴場スポット5選

1.霞ヶ浦緑地

四日市港の海岸線に沿った緑地公園で、ゆったりと花火を楽しめるおすすめスポットです。もちろん、それなりに混雑はしていますが、他の観賞客との間にもしっかりスペースを確保できるので、ゆったりと花火を見たい方によいと思います。

2.天カ須賀工業団グラウンド

花火の打上地点に近いので、花火の臨場感をたっぷりと味わえます。ただそれなりに混雑はしますので、早めに向かったほうがよいでしょう。

3.伊勢湾マリーナ周辺

伊勢湾マリーナ周辺には視界を遮るものがあまりないので、花火を観賞しやすいです。ただゆったり座れるところはあまりありません。

4.イオンモール四日市北駐車場

例年イオンモール四日市北駐車場でそのまま花火を観賞している方もたくさんいます。花火の打上地点からもそれほど離れていないですから、十分に花火を楽しめるでしょう。食べ物・飲み物も購入できますし、トイレの心配もありません。

5.垂坂公園・羽津山緑地

垂坂公園・羽津山緑地は花火と夜景を同時に楽しめる穴場スポットです。ロマンティックな雰囲気を演出できるので、特にカップルで花火を観賞するときにおすすめです。

花火の打上地点からは離れるので、例年それほど混雑はしていません。垂坂公園のには無料駐車場もありますから、自家用車で向かうのがよいでしょう。垂坂公園の展望広場からの夜景は以下を参考にしてみてください。

参考URL http://yakei.jp/japan/spot.php?i=tarusaka

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?四日市花火大会2017の開催日程・時間やアクセス方法・交通規制・駐車場・屋台・露店・観賞場所などの情報をお伝えしてきました。今年も大混雑が予想されますが、ぜひ四日市花火大会2017を楽しんでくださいね。

<画像出典>
●たか☆ふぉと☆(twitter)
https://twitter.com/TakaPhoto7D5D3

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です