【徹底攻略】三国花火大会2017を超楽しめるおすすめ&穴場スポット5選

今年も真夏の夜空を彩る三国花火大会(福井県坂井市)が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしていますよね。ここでは三国花火大会2017のおすすめ&穴場スポット5選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

三国花火大会とは?

福井県坂井市の三国サンセットビーチで開催される毎年恒例の花火大会で、例年20万人を超える観客でにぎわいます。一尺玉・二尺玉・仕掛花火・スターマインなど、多種多様な花火が真夏の夜空を彩ります。特に花火師が直接海に投げ入れる水中花火は北陸の夏の風物詩となっています。

三国花火大会2017の基本情報

イベント名 第37回三国花火大会
打上玉数 約10,000発(予定)
開催場所 福井県坂井市三国町宿 三国サンセットビーチ
開催日時 8月11日(金)19:30~20:30
※荒天の場合は翌日8月12日(土)または翌々日8月13日(日)に順延・延期
料金・予約 観賞無料
有料観賞席 あり
アクセス方法 ■公共交通機関
えちぜん鉄道三国芦原線「三国港駅」より徒歩5分
■自家用車
北陸自動車道「金津IC」よりフルーツライン・国道305号経由で約12km(通常時20分)
交通規制 あり(おおよそ09:00~22:00ごろ)
駐車場 臨時駐車場あり(無料/約2,400台)
トイレ 常設トイレまたは仮設トイレあり
問い合わせ先 TEL:0776-50-3152(三国花火大会実行委員会事務局)

三国花火大会2017の開催場所は?

三国花火大会2017の開催場所は、福井県坂井市三国町宿の三国サンセットビーチです。あらかじめ花火の打上場所を地図で確認しておきましょう。

三国花火大会2017のおすすめ&穴場スポット5選

1.三国サンセットビーチ

花火大会の無料の公式観賞エリアとなるのは、上図のマークのあたりです。花火の臨場感を最大限に楽しみたいのであれば、やはり三国サンセットビーチがおすすめです。

ただ三国サンセットビーチに夕方ごろに到着しても、観賞場所はほとんど残っていません。地元の方々が午前のうちからレジャーシート敷いていますし、海水浴からそのまま花火大会まで残るという方もたくさんいるからです。

三国サンセットビーチでレジャーシートを敷く場所を確保するためには、できれば午前のうちには到着しましょう。1~2人分くらいの観賞場所であれば正午以降でも何とか確保できることがあります。

2.九頭竜川マリーナ

花火の打上地点の対岸に位置する九頭竜川マリーナは、すべての花火を大迫力で楽しめます。花火大会の有料観賞席が設置されるので、その横側や後側を狙いましょう。

やはり花火観賞客は三国サンセットビーチに集中するため、例年九頭竜川マリーナはやや混雑がゆるやかな傾向にあります。花火大会当日の夕方ごろに到着すれば観賞場所を確保できる可能性が高いです。

花火大会に自家用車で向かう方は、テクノポート臨時駐車場を利用するとよいでしょう。花火大会当日はシャトルバスが随時運行されます。

3.汐見公園

九頭竜川と竹田川の合流地点にある三角型の公園で、ゆったりと花火を観賞できる穴場スポットです。ちょっと花火の打上地点からは離れますが、花火を遮るものが一切ないのが魅力です(花火の打上地点まで九頭竜川が一直線に伸びています)。えちぜん鉄道「三国駅」または「三国神社駅」より徒歩20分ほどでアクセスできます。

スポンサーリンク

4.西光寺

花火の打上地点のすぐ近くにある西光寺は、地元の方々だけが知っている穴場スポットです。西光寺の階段あたりからは花火が大迫力で楽しめます。

5.三国龍翔館

花火の打上地点からは距離がありますが、三国龍翔館は高台になっているため、花火が非常にきれいに見えます。できるだけ混雑を避けたいという方におすすめです。ただ水中花火などはほとんど見えないでしょう。

最後に

スポンサーリンク

三国花火大会2017のおすすめ&穴場スポット5選をご紹介してきました。どこで花火を観賞するかは決まりましたか?ぜひ三国花火大会2017をベストポジションで楽しんでくださいね。

関連記事 三国花火大会2017の開催日程・時間や有料席チケット・屋台情報まとめ
関連記事 三国花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場・混雑情報まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です