札幌ライラックまつり2015の日程・時間やアクセス情報まとめ

lilac

「さっぽろライラックまつり」は可憐なライラックの花を鑑賞しながら、道産ワインやグルメを堪能できるイベントです。現在では札幌を代表するイベントの1つになっていますね。

ここではさっぽろライラックまつり2015のイベント内容、日程・時間、アクセス情報などをお伝えします。

スポンサーリンク

「さっぽろライラックまつり」とは?

札幌の木に指定されているライラックの開花時期に合わせて行われるイベント、それが「さっぽろライラックまつり」です。1959年に始まったさっぽろライラックまつりは今年(2015年)で第57回目、初夏を香りを告げるお祭りとして、札幌を代表するイベントの1つとなっています。

さっぽろライラックまつりの会場は「大通会場」と「川下会場」の2つに分かれています。約400本のライラックが咲く大通公園では、苗木のプレゼントや、さまざまな体験教室、ワインガーデン、コンサートなどが行われます。川下公園では各種展覧会や体験教室、ライラック鑑賞ツアーなどを開催されます。

さっぽろライラックまつり2015基本情報

イベント名 第57回 さっぽろライラックまつり
開催場所 ■大通会場
大通公園西5~7丁目
■川下会場
札幌市白石区川下2651(川下公園)
開催日 ■大通会場
5/20(水)~5/31(日)
■川下会場
5/30(土)・5/31(日)
料金 入場無料(飲食などは有料)
アクセス方法 ■大通会場
地下鉄南北線・東西線大通駅よりすぐ
■川下会場
地下鉄東西線白石駅より中央バス白24川下線乗車、川下公園前より徒歩1分
※詳細は下記をご確認ください。
駐車場 ■大通会場
なし
■川下会場
あり(436台・無料)
お問い合わせ先 011-281-6400(さっぽろライラックまつり実行委員会)

さっぽろライラックまつりのアクセス情報

大通会場(大通公園西5~7丁目)

地下鉄南北線・東西線大通駅よりすぐです。JR札幌駅から大通会場へ向かう場合、徒歩で約10分です。地下歩行空間を使うと、信号で止まることがありません。駐車場はないため、公共交通機関を利用するのがよいでしょう。

川下会場(札幌市白石区川下2651 川下公園)

地下鉄東西線白石駅より中央バス白24川下線に乗車します。川下公園前で下車して徒歩1分です。川下会場は無料の駐車場もあるため、車で行くのもよいでしょう。

さっぽろライラックまつり2015のイベント情報

大通会場西5丁目

lilac4

大通会場の西5丁目では、いろいろな流派の煎茶や抹茶の作法を楽しめる野だて、日本茶のソムリエが新茶の入れ方を教えてくれる茶屋、漫画家の方々による似顔絵コーナー、お宝無料鑑定&アンティークマーケットなどのイベントが開催されます。

スポンサーリンク

特に野だてでは椅子席で作法を丁寧に教えてくれるので、茶道がわからない方でも安心です。ライラックの花とお茶を一緒に楽しみましょう!

大通会場西6丁目

lilac2

大通会場の西6丁目では、ライラック音楽祭、北海道食材を使った外国料理を提供するフードコート、ライラックの展示販売・相談コーナー、野菜・花苗販売などが行われます。

去年の野菜・花苗販売コーナーでは、地元民でもあまり手に入れることができない大浜みやこかぼちゃの苗が販売されていました。今年はどんな野菜や花の苗が販売されるのかが楽しみですね。

大通会場西7丁目

lilac6

さっぽろライラックまつりのメインイベントは、何といっても大通会場西7丁目で行われる「ワインガーデン」です。道内のワイナリーやメーカーが集まり、ワイン好きにはたまらないイベントですね。定番の海産物の炭焼き、肉料理、揚げ物、チーズなど、ワインに合うフードを扱うお店も多数出店します。

「紙コップではワインを味わえないのでは…?」という方も安心してください。ワイングラスは500円でレンタルすることができます。(グラスを返却すると500円は戻ってきます。)

また、屋根付きのテーブル席がありますので、少しくらい雨が降っても安心です。たださっぽろライラックまつりの時期はまだ冷え込むことがあるので、ひざ掛けやストール、羽織るものなどをご持参したほうがよいでしょう。

さっぽろライラックまつりの期間中は常にワインガーデンが開催されています。時間は月曜日から木曜日が11時~20時、金曜日から日曜日が10時~21時となっています。最終日の5月31日の日曜日のみ終了時間が19時なので注意してくださいね。

川下会場

lilac5

さっぽろライラックまつりのもう1つの会場である川下公園には、世界のライラック200種、1,700本を植えた「ライラックの森」があります。川下会場では各種展覧会や体験教室、ライラック鑑賞ツアーなどを開催されます。

大通会場と比べると、川下会場は純粋にライラックの花を楽しむためのものという要素が強い印象です。札幌の豊かな自然を堪能することができますよ。シートを敷いて家族でピクニックもおすすめです。

各イベントの詳細な時間などは公式サイトをご確認ください。

最後に

いかがでしたか?ここ数年で動員数をグイグイ伸ばしているイベントだけあって、楽しめるポイントがたくさんありますよ。北海道在住の方はもちろん、本州の方もこの時期に札幌を訪れるなら、ぜひさっぽろライラックまつりに立ち寄ってみてくださいね。

<画像出典>
●北海道likers
http://www.hokkaidolikers.com/articles/2126
●ようこそさっぽろ 北海道札幌市観光案内
http://www.welcome.city.sapporo.jp/event/spring/sapporo_lilac_festival

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です