相模原納涼花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場・混雑情報まとめ

sagamihara-hanabi

今年も真夏の夜空を彩る相模原納涼花火大会が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしていますよね。ここでは相模原納涼花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場・駐輪場・混雑状況などの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

相模原納涼花火大会とは?

神奈川県相模原市中央区で開催される毎年恒例の花火大会で、例年20万人を超える観客でにぎわう相模原の夏の風物詩イベントです。空中ナイアガラや大スターマインなど、多種多様な花火が観客を魅了します!

相模原納涼花火大会2017の基本情報

イベント名 第46回相模原納涼花火大会
打上玉数 約8,000発(予定)
開催場所 神奈川県相模原市中央区水郷田名 相模川高田橋上流
開催日時 8月26日(土)19:00~20:15
※荒天の場合は翌々日8月27日(日)に順延・延期
料金・予約 観賞無料
有料観賞席 あり
アクセス方法 <公共交通機関>
●JR横浜線「相模原駅」より「相17系統・水郷田名行きバス」で約30分→終点下車後に徒歩5分
●JR横浜線「淵野辺駅」より「淵53系統・田名バスターミナル行きバス」で約30分→終点下車後に徒歩15分
●JR相模線「上溝駅」より「淵53系統・田名バスターミナル行きバス」で約15分→終点下車後に徒歩15分
●JR横浜線・JR相模線・京王電鉄「橋本駅」より「橋57系統・田名バスターミナル行きバス」または「橋59系統・田名バスターミナル行きバス」で約30分→終点で下車後に徒歩15分
<自家用車>
●圏央道相模原愛川ICより国道129号線経由で約20分
●圏央道相模原ICより県道511号線経由で約20分
交通規制 あり(おおよそ18:30~21:00ごろ)
※詳細は下記をご確認ください。
駐車場 臨時駐車場あり(有料/約2,500台)
トイレ 仮設トイレ設置予定
問い合わせ先 TEL:042-771-3767
(相模原市観光協会)

相模原納涼花火大会2017の開催場所は?

相模原納涼花火大会2017の開催場所は、神奈川県相模原市中央区水郷田名の相模川高田橋上流です。あらかじめ花火の打上場所を地図で確認しておきましょう。

相模原納涼花火大会2017のアクセス方法・混雑状況は?

公共交通機関

  • JR横浜線「相模原駅」南口より「相17系統・水郷田名行きバス」で約30分→終点「水郷田名」で下車後に徒歩5分
  • JR横浜線「淵野辺駅」南口より「淵53系統・田名バスターミナル行きバス」で約30分→終点「田名バスターミナル」で下車後に徒歩15分
  • JR相模線「上溝駅」より「淵53系統・田名バスターミナル行きバス」で約15分→終点「田名バスターミナル」で下車後に徒歩15分
  • JR横浜線・JR相模線・京王電鉄「橋本駅」南口より「橋57系統・田名バスターミナル行きバス」または「橋59系統・田名バスターミナル行きバス」で約30分→終点「田名バスターミナル」で下車後に徒歩15分

花火大会の観賞エリアへの公共交通機関によるアクセス方法は上記の通りです。ただ例年花火大会当日は正午ごろから道路が渋滞するため、路線バスは通常時の3~4倍以上の時間がかかります。いずれのバスも15:00ごろまでに乗車しないと、花火大会開始前までに到着しないことがありますので、十分に時間の余裕を持つようにしましょう。

また、いずれもバスは1時間に2~3本しかありません。そのため、例年花火大会当日はバス車内も大混雑します。バスの混雑で体調を崩してしまう方もよく見かけますので、混雑に酔いやすい方は早めに移動したほうがよいでしょう。できれば午前のうちが理想的です。

自家用車

  • 圏央道相模原愛川ICより国道129号線経由で約20分
  • 圏央道相模原ICより県道511号線経由で約20分

花火大会の観賞エリアへの自家用車によるアクセス方法は上記の通りです。ただ例年花火大会当日は正午ごろから道路がちょっとずつ渋滞し始めます。特に花火大会当日の夕方以降はほとんど車が進まなくなるため、通常時の3~4倍以上の時間がかかることがあります。花火大会の観賞エリアにスムーズに到着したければ、早めに移動をしておいたほうがよいでしょう。

また、花火大会に自家用車で来場すると、花火大会終了後に帰路につくのにも非常に苦労します。大渋滞で車がほとんど進まない状態になるため、花火大会の会場周辺から抜け出すだけでも2~3時間くらいかかってしまうこともあります…。それなりに覚悟はしておきましょう。

徒歩

  • JR相模線「上溝駅」より徒歩50~60分(約4km)
  • JR横浜線「相模原駅」より徒歩80~90分(約7km)
  • JR横浜線「淵野辺駅」より徒歩90~100分(約8km)

相模原納涼花火大会の観賞エリアへの最も確実なアクセス方法は、もしかしたら「徒歩」かもしれません。特に花火大会当日の夕方以降は絶対に徒歩のほうがスムーズです。足に自信がある方は徒歩がおすすめです。

ただ浴衣に草履・下駄・サンダルでは長時間歩けません。花火大会に徒歩で向かおうという方は、スニーカーなどの歩きやすい靴を履きましょう。

スポンサーリンク

相模原納涼花火大会2017の交通規制情報

相模原納涼花火大会2017の当日には、会場周辺道路で車両通行止めなどの交通規制が実施されます。交通規制の時間帯はおおよそ18:30~21:00ごろです。ただ高田橋を含む県道63号は通過できます。

また、花火大会当日には交通規制区域外の道路も大渋滞になることが予想されます。花火大会当日は無暗に車で会場周辺に近づかないほうがよいでしょう。

相模原納涼花火大会2017の会場に駐車場・駐輪場の用意はあるのか?

sagamihara-hanabi-map-2016※クリックで拡大できます。

駐車場

相模原納涼花火大会2017では有料の臨時駐車場(約2,500台)が河川敷に用意されます。相模原納涼花火大会2017の臨時駐車場の利用料金は一律1,000円です。

ただ花火大会の臨時駐車場は例年夕方17:00~18:00ごろにはほぼ満車となります。花火大会に自家用車で向かう場合には、十分に時間の余裕を持っておきましょう。花火大会開始直前にウロウロと駐車場を探しているなんてことがないようにしたいですね。

花火大会の観賞エリアの周辺には他にコインパーキングなどはありません。花火大会に自家用車で向かう場合には、河川敷駐車場を利用するしかないでしょう。

なお、花火大会当日には臨時駐車場の利用状況をエフエムさがみ(83.9MHz)で放送する予定です。

駐輪場

相模原納涼花火大会2017では無料の臨時駐輪場も用意されます。バイクの臨時駐車場は高田橋下流の河川敷に、自転車の臨時駐輪場は田名小学校グラウンドに設置されます。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?相模原納涼花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場・駐輪場・混雑状況などの情報をお伝えしてきました。正直なところ、相模原納涼花火大会は非常にアクセスが悪いです。しかし、困難を乗り越えた後には感動が待っています!ぜひ相模原納涼花火大会2017を楽しんでくださいね。

関連記事 相模原納涼花火大会2017の開催日程・時間や有料席チケット・屋台情報まとめ
関連記事 【徹底攻略】相模原納涼花火大会2017のおすすめ&穴場スポット6選

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です