食用オリーブオイルと美容用オリーブオイルの違いは?

olive

食用オリーブオイルと比べると、美容用のオリーブオイルってちょっとお値段が高いですよね。クレンジングやボディマッサージにオリーブオイルを使っていると、なかなか維持費がかかります…。

で、ふと疑問に思いました。「食用オリーブオイルってお肌にも使えないのかな?」と。ということで、食用オリーブオイルと美容用オリーブオイルの違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

食用オリーブオイルと美容用オリーブオイルの決定的な違いとは?

食用オリーブオイルも美容用オリーブオイルも、オリーブの実を絞ったオイルであることは共通しています。では何が違うのか…?食用オリーブオイルも美容用オリーブオイルの決定的な違いは「精製度」にあります。

食用オリーブオイルは比較的目の粗いメッシュで濾しています。口に入れることが目的なので、実の残りや旨味成分が残るように精製度を低くしているのです。その分、有効成分もたっぷりと含まれていますが、お肌を刺激する成分が残っていることも…。

一方で、美容用オリーブオイルは肌や髪につけることがです。お肌を刺激するような成分を取り除くため、お肌に浸透しやすくするために、比較的目の細かいメッシュで濾しています。

同じオリーブオイルとはいっても、それぞれの目的・用途に合わせて精製されているということです。食用だからといって、お肌にも安全ということではないので注意しましょう。

スポンサーリンク

美容用オリーブオイルはより検査が厳しい

さらに食用オリーブオイルと比べると、美容用オリーブオイルはより厳しい検査過程を通ってきています。

たとえば、「不純物でアレルギーを起こさないか」「紫外線による油焼けをしないか」「分解されずに肌に残っても安全なのか」といったことをチェックしているそうです。

食用オリーブオイルと比べると、どうしても美容用オリーブオイルの値段って高く感じますよね。確かに美容用オリーブオイルのほうがパッケージや広告にコストがかかっているかもしれません。でもそれだけではなく、美容用オリーブオイルは製過程や検査過程でよりコストがかかっているという理由もあるのです。

結局、食用オリーブオイルはお肌や髪にも使えるの?

ここまで見てきたように、食用オリーブオイルにはお肌を刺激するような成分が残っていることがあります。美容用オリーブオイルのように、肌につけることを前提にした検査はしていません。そのことを考えると、お肌の弱い方は食用オリーブオイルをお肌や髪に使うのは避けたほうがいいでしょう。

ただどちらもオリーブの実を絞ったオイルであることは変わりません。お肌が丈夫という自信のある方はパッチテストをしたうえで、食用オリーブオイルをお肌や髪に使ってみるのもありかもしれません。ただその場合も食用オリーブオイルのなかでより高品質なものを選びたいところですね。

口コミでは顔には美容用オリーブオイル、身体には食用オリーブオイルと使い分けている方などもいらっしゃいました。

最後に

いかがでしたか?食用オリーブオイルと美容用オリーブオイルの違いについてまとめてみました。最終的には自分のお肌に合ったオリーブオイルが見つかるのが1番かな、と思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です