義母への母の日のプレゼントはいつまで続ければいいの?

mothersday

お義母さんへの母の日のプレゼントはいつまで続ければいいんだろう?お義母さんとの関係はあまりうまくいっていないし、プレゼントのアイデアも切れてきた。でも今年から急にプレゼントをやめるのも角が立つような気がする…。

毎年5月の第2日曜日は「母の日」ですが、ご結婚されている女性のなかには、こんな悩みを抱えている女性もきっといますよね。お義母さんとの関係はなかなか難しいものです。

義母への母の日のプレゼントはいつまで続けるべきなのでしょうか?世間一般の方がどうしているかなどについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

義母への母の日のプレゼントはいつまで続けるべきか?

それぞれの家庭で事情は異なると思いますが、基本的にお母さんへの母の日のプレゼントはずっと続けていくのがよいと思います。お義母さんが亡くなるまで贈り続けるということです。

やはりある年に急に母の日のプレゼントを贈らなくなると、お互いの関係に角が立ってしまう可能性が高いからです。せっかく何年か母の日のプレゼントを贈っていても、「きっと今までも嫌々やっていたのね」と思われてしまうかもしれません…。

carnation_red

高価なプレゼントを贈る必要はありません。予算はおおよそ1500~3000円ほどで十分です。また、プレゼントのアイデアに困ってしまうという方は、毎年カーネーションだけ贈るだけでもよいと思います。それなら毎年悩む必要はないですし、何もしないよりはずっと良い関係を築けますよね。

母の日のプレゼントは日ごろの感謝の気持ちを伝えるためのもの。内容や値段は気にせず、無理なく続けていきましょう。

子供(孫)ができたら敬老の日だけにしていいの?

「子供(孫)ができたら敬老の日だけにしていいのでは?」と思う方もいるかもしれません。

でも子供(孫)ができたとしても、お義母さんはあなたのおばあちゃんになるわけではありません。あなたにとってはいつまでもお義母さんのままです。もちろん義理であってもお母さんですから、母の日のプレゼントはずっと続けていきましょう。

スポンサーリンク

敬老の日には子供さんがある程度成長してから何かしてあげると喜ばれるかもしれませんね。子供さんにお手紙や似顔絵などを書いてもらったり、子供さんと一緒にプレゼントを選ぶとよいです。

実際に世間一般の方はどうしているのか?

実際に世間一般の方はお母さんへの母の日のプレゼントをいつまで続けているのでしょうか?

口コミを調べてみると、「お義母さんがご健在な間は贈り続ける予定」という意見が目立ちました。

ただお義母さんとのプレゼントのやりとりを楽しんでいるというような方は、あまりいませんでした。それほどお義母さんとの関係が良好というわけではなく、事務的にカーネーションやお菓子を贈っているだけという方が多かったです。やはり1度プレゼントを贈り始めてしまうと、途中でやめづらくなってしまうようです。

また、「最初から母の日には何もしていない」という方もいました。そういう方はそもそも行事・イベントに何かをする習慣がなく、実のお母さんにも何もしないみたいですね。

どうしても義母への母の日のプレゼントをやめたくなったら…

yomesyutome

プレゼントに対する反応がない、プレゼントの中身や値段に文句を言われた、特に何かお返しをくれたこともない、などなど…。

このような状態が続くと、お義母さんへの母の日のプレゼントを贈るのもつらくなってきますよね。どこかでお互いの関係が悪化して、どうしてもお義母さんへの母の日のプレゼントをやめたくなることもあると思います。

そんなときは思い切ってやめてみるのも1つの選択肢です。それぞれの家庭の事情によって異なりますが、そのほうがお互いのためになるかもしれません。どうしてもというときの最終手段にしましょう。

口コミでも何らかのきっかけでお義母さんに母の日のプレゼントを贈るのをやめたという方はいました。お義母さんとの関係が悪化してしまうという覚悟は必要ですが、あくまで他人として付き合うというのが必要なケースもあると思います。

最後に

いかかがでしたか?「お義母さんへの母の日のプレゼントはいつまで続けるか」はなかなか難しい問題です。それぞれの家庭の事情によって対応は変わりますが、カーネーションだけでも贈っておくと、お互いの関係に角が立ちません。無理なくお義母さんと一定の関係をキープしていきたいところですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です