火傷の応急処置に保冷材を使うのはOK?正しい火傷の応急処置を教えます!

火傷(やけど)は日常的によくあるケガですよね。あなたもきっと料理をしているときなどにうっかり火傷をしてしまったことがあるでしょう。

そんな火傷の応急処置ではすぐに患部を冷却することが大切です。では火傷の応急処置に保冷剤を使ってもよいのでしょうか?

スポンサーリンク

そもそも火傷とは?

火傷の応急処置に保冷剤を使ってもよいのかを考える前に、まずは火傷とはどんなケガなのかを理解しておきましょう。

そもそも火傷とは、お湯・蒸気・火炎などの高熱によって生じる皮膚の損傷のことです。日常的に起きやすいケガで、毎年日本人の3人に1人が経験しているというデータもあります。

人間の皮膚はおおよそ45℃以上のものに一定時間以上接していると火傷を引き起こします。「外部からの細菌やウイルスなどの異物の侵入を防ぐ」「体温を一定に保つ」「身体の水分を保持する」などなど…。わたしたちの皮膚にはたくさんの機能がありますが、火傷を負うとこの皮膚の機能が失われてしまうことが問題です。

火傷にもさまざまな損傷レベルがあります。火傷が皮膚で止まっている軽傷のケースがほとんどですが、火傷が皮下組織にまで及んでいる重症のケースもあります。

日常生活で起きるようなちょっとした軽傷の火傷の場合には、発赤(皮膚が赤くなる)・腫脹(皮膚が腫れる)・水疱(水ぶくれができる)・痛み(ヒリヒリ・ジンジンする)などの症状が出ます。一方で火災などによる重傷の火傷の場合には、完全に細胞が死滅するため、実はあまり痛みを感じません。

なお、「火傷(やけど)」は単なる俗称で、「やけたところ」→「やけどころ」→「やけど」に由来しています。正確な医学用語では「熱傷(ねっしょう)」と呼ばれます。

火傷の応急処置に保冷剤を使ってもよいのか?

あなたは火傷の応急処置に保冷剤を使っていませんか?確かに火傷の応急処置ではすぐ患部を冷却することが大切です。しかし、実は火傷の応急処置に保冷剤を使うことはあまりおすすめできません。

というのも、火傷の患部を直接保冷剤で冷やそうとすると、保冷剤が皮膚に貼り付いてしまうことがあるからです。この保冷剤を無理に剥がそうとすると、火傷の患部の皮膚も一緒に剥がれてしまいます。火傷の患部の皮膚は普段よりもデリケートになっているため、火傷の患部を直接保冷剤で冷やすのは非常に危険なのです。

火傷の患部から保冷剤と一緒に皮膚が剝がれてしまうと、余計な苦痛が伴います。さらに、火傷の患部から雑菌が入りやすくなることで感染症になる危険性も上がります。もちろん、火傷の回復も遅れてしまうでしょう…。

「保冷剤をタオルなどに包めばよいのではないか?」と疑問に思うかもしれません。確かに火傷の患部を直接保冷剤で冷やすわけでなければ、火傷の患部の皮膚に保冷剤が貼り付いてしまう心配はないでしょう。

しかし、火傷の応急処置に保冷剤を使うと、患部を過度に冷やしてしまうことも問題です。火傷の患部を冷やし過ぎると凍傷になる可能性もあります。火傷も凍傷も皮膚の組織を破壊してしまうという意味では同じです。火傷の応急処置で皮膚の状態を悪化させてしまっては本末転倒ですよね。

さらに火傷の範囲が広い場合には体温調節機能がうまく機能しなくなることがあります。そのため、安易に保冷剤を使ってしまうと、低体温症を引き起こす危険性もあるのです。低体温症は死につながることもありますから、絶対に避けなければいけません。特に冬場の火傷では十分に注意が必要です。

以上のように、火傷の応急処置に保冷剤を使うことにはたくさんの危険が潜んでいます。絶対にNGというわけではありませんが、火傷の応急処置では安易に保冷剤を使用しないほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

正しい火傷の応急処置とは?

火傷の応急処置に保冷材はあまり適していないのでした。では実際に火傷をしたらどのように応急処置をしたらよいのでしょうか?

まずは流水で冷やす

火傷の応急処置の基本は流水で冷やすことです。火傷の応急処置は時間との勝負ですから、もし火傷を負ってしまったらすぐに水道水などの清潔な流水で患部を冷やしましょう。火傷の患部をすぐに冷やすことで、火傷の損傷が深刻化を防ぐことができます。また、火傷の傷跡も残りづらくなります。

火傷は感染症の危険性があるのが恐ろしいところです。火傷の応急処置に保冷剤よりも流水が適しているのは、患部を清潔にすることで感染症の予防にもなるからです。

頭部・顔面・胴体・脚などに火傷を負ってしまった場合には、シャワーを利用すると患部を冷やしやすいです。目や耳などの直接流水をかけづらいところに火傷を負ってしまった場合には、氷水で冷やしたタオルをあてるようにします。

また、意外とよくあるのが衣服の上からの火傷です。衣服の上から火傷を負った場合には、衣服を上から火傷の患部を冷やします。無理に衣服を脱がせようとすると、火傷の患部の皮膚も一緒に剥がれてしまう危険性があります。

火傷の損傷レベルによっても変わりますが、一般的に火傷の患部を冷やす時間は約15~30分が目安です。火傷の患部の感覚がなくなるくらい冷やすのがよいです。ただ火傷の範囲が広い場合には、身体を冷やし過ぎないように注意しましょう。低体温症になる危険性があります。

火傷の患部を十分に冷やしたら、清潔なガーゼなどをあてます。これは火傷の患部から雑菌が入らないようにするためです。

アクセサリーは外す

しばらくすると火傷の患部は腫れてくるので、指輪や腕時計などをしたままにしていると血流が悪くなってしまう可能性があります。火傷の患部付近にあるアクセサリー類はすぐに外すようにします。

水疱は破かない

火傷によって水疱(水ぶくれ)ができることがあります。この火傷による水疱(水ぶくれ)は傷口を保護する役割も持っているので、できるだけ破かないように注意してください。

火傷による水疱(水ぶくれ)にあまりにたくさんの液体がたまってきた場合には、十分に消毒した針で穴を開けることがあります。ただ自分で火傷に水疱(水ぶくれ)に穴を開けるのは危険ですから、自己判断せずに病院でやってもらったほうがよいです。

軟膏や消毒液は使わない

火傷の応急処置の段階では、自己判断で軟膏や消毒液は使わないほうがよいです。というのも、火傷の損傷レベルによっては状態が悪化する危険性もあるからです。また、火傷の患部に軟膏や消毒液を使用すると、患部の状態もわかりづらくなるため、後でお医者さんに診察してもらうときに悪影響を及ぼすことがあります。

また、火傷の応急処置としてバター・味噌・アロエなどを塗るという方法がよく知られています。しかし、実はこれらに火傷の応急処置に効果的な成分は含まれていません。火傷の状態を悪化させることもありますので、絶対に使用しないようにしましょう。

できるだけ病院を受診する

火傷の損傷レベルがどのくらいなのかは一般人にはなかなか判別できないものです。そのため、もし火傷を負ってしまったら自己判断せずにできるだけ病院を受診することをおすすめします。特に子供や高齢者が火傷を負った場合には必ず病院に連れていきましょう。

一般的に火傷は病院の皮膚科または形成外科を受診するようにします。皮膚科も形成外科でも火傷は守備範囲に含まれていますから、適切な診察をしてくれるはずです。自宅や職場などから利便性のよいほうを受診すればよいでしょう。

また、ご存知の通り、火傷は死につながることもあります。火傷の状態がひどい場合には救急車を呼ぶことも検討してください。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?火傷の応急処置に保冷剤を使ってもよいのかについて解説してきました。火傷の応急処置に保冷剤を使うことにはたくさんの危険が潜んでいるのでした。もし料理などをしているときに火傷をしてしまったら、正しい応急処置をできるようにしておきましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です