【コピペOK】仕事の上司へのバレンタインのメッセージ文例10選

「仕事の上司へのバレンタインデーのメッセージは何を書いたらいいんだろう…」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?バレンタインデーの義理チョコに添えるメッセージカードとはいっても、仕事の上司となると気を遣うものですよね。

ここでは仕事の上司へのバレンタインデーのメッセージ文例10選をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

仕事の上司へのバレンタインのメッセージ文例10選

ではさっそくいきましょう!もちろんそのままコピペしてもOKです。最後の文例は面白系ですが、上司のキャラクターなどを見極めた上で活用するならよいでしょう。

○○さん(もしくは役職名)へ
いつもありがとうございます。
ささやかながら感謝の気持ちです。
これからもご指導よろしくお願いします。

○○さん(もしくは役職名)へ
いつもお世話になっています。
ささやかですが、女子社員一同からの感謝の気持ちです。
これからもよろしくお願いします。

○○さん(もしくは役職名)へ
いつもお世話になっています。
ささやかですが感謝の気持ちです。
これからもよろしくお願いします。

○○さん(もしくは役職名)へ
いつもお気遣いをいただきありがとうございます。
ささやかながら感謝の気持ちをお渡しします。
これからもお世話になりますので、どうぞよろしくお願いします。

○○さん(もしくは役職名)へ
入社以来本当にお世話になっています。
これからもよろしくお願いします。

○○さん(もしくは役職名)へ
いつも出張ばかりでお疲れ様です。
女子社員一同からの日ごろの感謝の気持ちです。
たまには甘いモノでも食べて休んでくださいね。

○○さん(もしくは役職名)へ
先日は私のミスをフォローしていただきありがとうございました。
早く仕事で恩返しできるよう頑張ります。

○○さん(もしくは役職名)へ
いつもありがとうございます。
○○さん(もしくは役職名)のネクタイのセンスは、密かに女子社員の間で人気です。
ささやかながら女子社員一同からの感謝の気持ちです。
これからもご指導よろしくお願いします。

○○さん(もしくは役職名)へ
いつも職場が明るいのは○○さん(もしくは役職名)のダジャレのおかげです。
女子社員一同からの日ごろの感謝の気持ちですので、どうか召し上がってください。今後もご指導のほどよろしくお願いします。

○○さん(もしくは役職名)へ
これはいわゆるワイロというものです。
これからも優しいご指導よろしくお願いします。

スポンサーリンク

仕事の上司へのバレンタインのメッセージを作成するときのポイントとは?

仕事の上司へのバレンタインデーのメッセージを作成するときのポイントや注意点をいくつかご紹介しますので、ちょっとだけ意識してみてください。

宛名を書く

バレンタインデーのメッセージカードでもしっかり宛名を書くのがビジネスマナーです。「○○さんへ」「○○部長へ」「○○課長へ」などと最初に宛名を書きましょう。

丁寧な言葉を使う

大人の社会人なら上司に敬語を使うのは常識です。普段は気さくに接してくれる上司であっても、バレンタインデーのメッセージカードでは丁寧な言葉を使いましょう。「顔文字」や「音符マーク(♪)」「びっくりマーク(!)」「はてなマーク(?)」なども基本的には避けたほうがよいです。

シンプルにまとめる

バレンタインデーの義理チョコに添えるメッセージですから、あくまでシンプルにまとめるのがよいです。だいたい3行前後にまとめるのがおすすめです。

日ごろの感謝の気持ちを伝える

仕事の上司には普段から何かとお世話になっているはずです(そういうことにしておきましょう!)。「いつもありがとうございます」などでよいので、日ごろの感謝の気持ちをしっかりと言葉にしましょう。

本命と誤解されないように注意する

仕事の上司へのバレンタインのメッセージを書くときには、本命だと誤解されないように注意しましょう。お互いのプライベートなことは書かないほうがよいですし、長文も誤解のもとになります。また、文面にハートマークを使用したりするのも絶対やめましょう。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?仕事の上司へのバレンタインデーのメッセージ文例10選をご紹介してきました。仕事の上司には何かと気を遣うものですが、上手にバレンタインデーの義理チョコを渡しましょう。ちょっとしたメッセージカードが添えられているだけで、グッと印象がよくなるはずです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です