お年玉は新札がマナーなのか?新札に両替する7つの方法もご紹介!

otoshidama

お正月は子供たちにお年玉を配るのが恒例行事ですよね。ただ日本の冠婚葬祭には何かとマナーがあるもの。「一般的にお年玉には新札を入れるのがマナーである」とご存知でしたか?

お年玉を受けとるのは子供ですが、実際にお年玉を管理するのはご両親だったりします。せっかくお年玉をあげるのですから、できれば恥はかきたくありません…。

ここではなぜお年玉は新札で用意するのがマナーなのかについて解説します。また、お年玉用に新札に両替する7つの方法もご紹介します。

なぜお年玉は新札で用意するのがマナーなのか?

日本の冠婚葬祭ではお金を包む場面がよくありますよね。それらはご祝儀と不祝儀の2つに分けられます。

そして、ご祝儀(結婚祝い・出産祝い・入学祝いなど)には「まだ一切使用されていない新札」を包み、不祝儀(香典・お見舞いなど)には「すでに使用されている旧札」を包む。これが世間一般で基本的なマナーとされています。

こうしたマナーを面倒だと思うこともあるかもしれません。でもマナーの背景にはきちんと意味があります。

結婚や出産などのお祝いごとはあらかじめ予定がわかっているものですよね。そして、新札はいつでも手元にあるものではありません。ご祝儀にまだ一切使用されていない新札を包むのには、「あなたのために事前に用意しておきました」という心遣いが込められているのです。

逆に考えると、なぜ香典やお見舞いに新札を包むとマナー違反となってしまうのかがわかります。死別や病気・ケガなどに対して「事前に用意しておきました」というのが失礼にあたるからです。そのため、香典やお見舞いではすでに使用されている旧札を包むことになっているのです。なお、あまりないことだ思いますが、新札しか持っていないならば、折り目を付けてから包みます。

ご祝儀・不祝儀のマナーには諸説ありますが、これが最も有力なようです。お年玉は新年のご祝儀のようなものですから、お年玉には新札を用意するのがよいです。

もしもお年玉に使い古されたお札を入れたら…?

ではもしもお年玉に使い古されたお札を入れたらどうなるのでしょうか?

もしかしたらあなたはマナーや作法などにあまりこだわらない方かもしれません。わたしも正直それほどマナーや作法にこだわらないほうです。自分の子供のお年玉に使い古されたお札が入っていたとしても、「あ、新札じゃないんだ」となるくらいで、それほど気になりません。自分の子供にお年玉をくれたというだけでうれしいです。

ただ先ほどお伝えしたご祝儀・不祝儀のマナーの意味を思い出してみてください。お年玉に使い古されたお札を入れるということは、「あなた(子供)のことなんて全然気にかけていなかった」と伝えることになります。おおげさかもしれませんが、そういうことなのです。

お年玉を受けとるのは子供ですが、実際にお年玉を管理するのはご両親だったりします。もしご両親がマナーを重視する方だった場合には、「世間知らず」「失礼」「非常識」と思われてしまうかもしれません。せっかくお年玉をあげるというのに、そんな嫌な印象は持たれたくないですよね。

お年玉には新札を入れるというマナーは、世間一般でそれなりに常識になっていますし、お年玉に新札が入っていることで嫌な気持ちになることはありません。お年玉には新札を用意するのが賢明です。

スポンサーリンク

お年玉用に新札に両替する7つの方法とは?

otoshidama

1.銀行窓口で両替してもらう

新札を入手する最も確実な方法は、銀行窓口で両替してもらうことです。銀行には両替用紙があるので、備考欄に「新札」と記入して窓口に出しましょう。両替用紙を出すときに「新札に両替してください」と言ってもOKです。

ただほとんどの銀行窓口は年末年始の12月31日~1月3日がお休みになります。したがって、銀行窓口でお年玉用の新札に両替してもらうためには、12月30日までに足を運ぶ必要があります。

また、年末の銀行窓口は想像以上に混雑していますので、普通に1~2時間待たされることもあります。十分に覚悟しておきましょう。

2.両替用ATMを利用する

あまり時間がないのに銀行の窓口が混んでいる…。こんなときにおすすめなのが銀行に設置されている両替用ATMです。

基本的に飲食店などが業務用に利用する機械なのですが、ここでも確実に新札を入手することができます。銀行によって両替用ATMの仕様は違いますが、基本的に新札指定をすることができるので、手持ちの旧札を新札に両替することができます。

ただすべての銀行支店に両替用ATMが設置されているわけではありません。近隣でできるだけ大規模な銀行支店に向かうとよいでしょう。

3.郵便局で両替してもらう

以前はできなかったのですが、最近は郵便局でも新札に両替してもらえるようになりました。郵政民営化による変化なのかもしれません。郵便局窓口で「新札に両替してもらえますか?」とたずねれば、普通に応じてくれます。

郵便局ごとの規模や事業内容などによって異なりますが、基本的に大規模集配局などでは19~20時ごろまで営業しています。仕事などで銀行の営業時間に間に合わないという方は、郵便局で新札に両替してもらうとよいかもしれません。

ただ銀行と同じで郵便局窓口も年末年始の12月31日~1月3日がお休みになります。したがって、郵便局窓口でお年玉用の新札を両替してもらう場合にも、12月30日までに足を運ばなければいけません。

また、お札の両替は郵便局本来のサービスではありませんから、十分な新札を用意していないこともあります。まずは新札と交換できるかを電話で確認してみたほうがよいでしょう。

4.ATMで入出金を繰り返してみる

銀行のATMは年末年始の12月31日~1月3日でも普段通り利用できます。もう今年は銀行窓口が開かないというところまで追い込まれた場合には、「ATMで入出金を繰り返す」という方法を試してみましょう。完全に運頼みですが、新札を入手できることがあります。

新札を入手できる確率を上げるためには、コンビニATMを狙いましょう。実はコンビニATMには新札が入っている可能性が高いのです。

銀行やショッピングモールなどに設置されているATMと比べると、コンビニATMはコンパクトな設計です。したがって、お札を収納するスペースをできるだけ有効に活用しなければいけないので、優先的に新札が補充されるそうです。

お金を預入れする人もいることを考えると、絶対に新札が入手できるとは限りませんが、コンビニATMは新札が入手しやすいはずです。ただATM手数料には注意してください。

5.デパート・百貨店で両替をお願いする

「新札を用意できないままで大晦日になってしまった…」なんて場合には、デパートや百貨店で新札の両替をお願いしてみましょう。決して確実な方法ではありませんが、新札を入手できる可能性があります。

デパートや百貨店は大晦日まで営業しているところがほとんどです。まずはデパートや百貨店のサービスカウンターにたずねてみましょう。デパートや百貨店のご祝儀袋を置いているところでは、新札の両替サービスを実施していることもあります。

また、デパート・百貨店に入っている高級ブランド店や宝石店などでは、高額な現金が動いています。普通のコンビニやスーパーと比べると、レジに新札が入っている可能性が高いでしょう。あまりに切羽詰まった状況でであれば、ダメでもともとで新札への両替をお願いしてみるのもよいかもしれません。

6.自分の会社の経理にたずねてみる

「お年玉用の新札を用意しないといけないんだった!」とあなたが勤務中に気づいたときは、自分の会社の経理部に相談してみるという方法もあります。

一般的な会社の経理部には一定の現金が必ずありますし、急なお祝いごとように新札をストックしていることもあります。新札があったらラッキーくらいのつもりでたずねてみましょう。

7.家族や友達にたずねてみる

きっとあなたのご家族や友達もお年玉のために新札を準備しているはずです。余分に新札を用意していないかを聞いてみましょう。

自分が困ったときだけ助けてもらうというのではよくないですから、普段からしっかりと信頼関係を築いておくことが大切ですね。

番外編.旧札をアイロンで伸ばす

どうしても年末年始に新札を入手できなかった場合の裏技です。手持ちの旧札をアイロンで伸ばすと、それなりに新札のように見えるようになります。どうしても新札を準備できないときにだけ、この裏技を使ってみてくださいね。

まずはできるだけしわの少ないキレイなお札を用意しましょう。そして、霧吹きなどで軽くお札を湿らせます。あとはハンカチなどの適当な薄い布をあてて、低温でアイロンをかけていくだけです。しわ伸ばし用のスプレーを使うと、さらに効果がアップしますよ。

ただお札のホログラムは熱に弱いです。お札のホログラムがあるところはあまり長時間アイロンをかけないようにしましょう。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?大人になっても新札はテンションが上がるものですよね。お年玉のために新札を用意してもらったという特別感を、子どもにも体験させてあげましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です