ゴム製品の劣化によるベタベタをスッキリ落とす3つの方法とは?

gomu-yogore

スマートフォンケース、自転車のハンドル、TVのリモコン、PCのマウス、電化製品の底部分などなど…。ゴムは滑るのを防止する目的でたくさんの製品に使われています。

ただゴム製品は保存状態が悪いままで長時間経過すると、どうしても劣化してしまうため、ベタベタとした汚れが発生してしまいます…。ではゴム製品のベタベタ汚れは我慢するしかないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません!ここではゴム製品の劣化によるベタベタをスッキリ落とす3つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

なぜゴム製品は長時間経過するとベタベタするのか?

mushimegane

そもそもなぜゴム製品は長時間経過するとベタベタするのでしょうか?まずはゴム製品がだんだんとベタベタしてくる原因をしっかりと理解しておきましょう。

ゴム製品はちょっとずつ時間が経つにつれて加水分解を起こします。加水分解とはその名前の通り、水分が加わることで物質が分解される化学変化のこと。日本は高温多湿の環境なので、なかなか加水分解を完全に防ぐことはできません。

そして、ゴム製品には弾力性などをもたらすために薬品(可塑剤)が添加されています。そのため、ゴム製品が加水分解を起こすと、その薬品(可塑剤)がちょっとずつ表面に溶け出してきます。これがゴム製品の嫌なベタベタ汚れを引き起こしているのです。

ゴム製品の劣化によるベタベタを落とす3つの方法とは?

ゴム製品の劣化によるベタベタを落とすには、石鹸や洗剤はほとんど効果がありません。ではゴム製品の劣化によるベタベタを落とすにはどうしたらよいのでしょうか?いくつかの方法をご紹介していきます。

ただいずれもゴム製品を傷めてしまう可能性があります。まずはあまり目立たないところで試してみてください。あくまで自己責任でお願いします。

方法1.無水エタノールを使う

musui-etanoru

ゴム製品のベタベタを落とす最も確実なアイテムは無水エタノールです。ドラッグストアなどで約1,500円ほどで販売されています。インターネット通販ではもうちょっとだけお値段を抑えられるかもしれません。

無水エタノールはその名前の通り、エタノール含有濃度が99%以上とほとんど水分を含んでいません。そのため、ゴム製品に加水分解を起こさせず、ベタベタだけを落とすことができます。また、電子機器など水分に弱いものに使えます。

まずはこの無水エタノールを適当な雑巾などに染み込ませましょう。そして、ゴム製品のベタベタが気になるところを何度か拭くだけです。そうすれば、すぐにサラサラとした手ざわりになります。

ただ雑巾についたゴム製品のベタベタは洗濯をしても落ちません。雑巾は使い捨てられるものにしましょう。また、ちょっとしたゴム製品のベタベタ汚れくらいであれば、エタノールを含んだウェットティッシュでも落とせます。ただ頑固なゴム製品のベタベタ汚れはやはり無水エタノールがよいでしょう。

無水エタノールはちょっとお値段が高いですが、お掃除など何かと活躍します。ご自宅にない方はぜひ入手しておくとよいかと思います。

スポンサーリンク

方法2.重曹を使う

zyusou

掃除や料理などで活躍する重曹は、ゴム製品のベタベタを落とすときにも役立ちます。

たとえば、ちょっとしたゴム製品のベタベタを落としたいなら、ちょっとの水と重曹をつけて、不要になった歯ブラシなどで磨くとよいでしょう。また、水につけても問題ないものだけに使える方法ですが、お湯に重曹を適量溶いたものに約半日ほど漬けておけば、簡単にゴム製品のベタベタが落ちます。

ゴム製品に重曹を使うと、さらに加水分解を促進するので、今後ゴム製品から溶け出してくる薬品(可塑剤)も落とすことができます。そのため、ゴム製品が劣化によりベタベタしてこないための予防にもなります。ただ完全にゴム製品がベタベタすることを完全に防げるわけではありません。

方法3.消しゴムを使う

keshigomu

ゴム製品のベタベタしているところを消しゴムで擦るという方法もあります。消しカスと一緒にゴム製品のベタベタが落ちてきます。

たいていのご家庭に消しゴムはありますから、気軽に試せるのがよいです。ただあまりに頑固なゴム製品のベタベタを落とすのは非常に大変ですし、複雑な形状のものには使えないのも弱点です。

そもそもゴム製品をベタベタしないようにするためには?

そもそもゴム製品をベタベタしないようにすることはできないのでしょうか?

前述した通り、ゴム製品がベタベタしてくるのは経年劣化により加水分解を起こすからです。日本は高温多湿の環境ですから、ゴム製品の加水分解を完全に防ぐことはできません。どれだけ気を遣っていても、だいたいゴム製品は約3~5年で経年劣化による加水分解を起こします。

ただゴム製品の経年劣化をそれなりに遅らせることはできます。ゴム製品をジメジメとしたところに保管してしまうと、加水分解を起こしやすくなってしまいます。ゴム製品は風通しのよいところに保管するようにしましょう。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?ゴム製品の劣化によるベタベタを落とす3つの方法をお伝えしてきました。ただゴム製品がベタベタとしてくるのは経年劣化している証拠です。あまりにゴム製品が変形している場合などには、思い切って新しいものに交換するのも大事かもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です