金戒光明寺の紅葉2016の見ごろの時期やライトアップ・混雑情報まとめ

kurodanisan-kouyou2

今年もだんだんと紅葉の季節が近づいてきました。京都の金戒光明寺(黒谷さん)に紅葉を見に行こうと計画している方も、きっとたくさんいらっしゃるでしょう。

ここでは金戒光明寺の紅葉2016の見ごろの時期やライトアップ情報・混雑状況などをお伝えします。また、金戒光明寺周辺の紅葉おすすめスポット6選もご紹介します。

スポンサーリンク

金戒光明寺の紅葉2016の基本情報

「黒谷さん」の愛称で親しまれる金戒光明寺は、浄土宗の大本山で新撰組発祥の地のとしてもよく知られています。そんな金戒光明寺では秋季特別拝観として枯山水庭園「紫雲の庭」が一般公開されます。深紅に染まる紅葉が庭園のアクセントとなるため、より美しい景観を楽しめるでしょう。さらに夜間特別拝観ではライトアップも実施予定です。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 ■金戒光明寺境内の通常拝観
9:00~16:00
■御影堂・方丈・紫雲の庭・山門の秋季特別拝観【11月1日(火)~12月4日(日)】
9:00~16:30(16:00受付終了)
■御影堂・方丈・紫雲の庭の秋季夜間特別拝観【11月12(土)~11月27日(日)】
17:30~21:00(20:30受付終了)
※昼夜入替制
拝観料金 ■金戒光明寺境内の通常拝観
散策自由・無料
■御影堂・方丈・紫雲の庭・山門の秋季特別拝観
○御影堂・方丈・紫雲の庭:大人・高校生・中学生600円/小学生300円
○山門:大人・高校生・中学生800円/小学生400円
○御影堂・方丈・紫雲の庭・山門共通券:大人・高校生・中学生 1,200円/小学生 600円
■御影堂・方丈・紫雲の庭の秋季夜間特別拝観
○御影堂・方丈・紫雲の庭:大人・高校生・中学生800円/小学生400円
※昼夜入替制
地図
住所 京都府京都市左京区黒谷町121
アクセス ●JR「京都駅」より市バスの5系統で「東天王町」下車後に徒歩15分、または市バスの100系統で「岡崎道」下車後に徒歩10分
●京阪本線「三条駅」・市営地下鉄東西線「三条京阪駅」(三条京阪)より市バスの5系統で「東天王町」下車後に徒歩15分
●阪急京都線「河原町駅」・京阪本線「祇園四条駅」(四条河原町)より市バス32系統または203系統で「岡崎道」下車後に徒歩10分
駐車場 有料駐車場あり(約40台)
問い合わせ先 TEL:075-771-2204
HP http://www.kurodani.jp/

金戒光明寺の紅葉2016の見ごろの時期はいつくらい?

例年金戒光明寺の紅葉が見ごろとなる時期は、おおよそ11月中旬~12月上旬です。もちろん、今年の気候によって多少は前後しますが、今年は例年とほとんど変わらないと予想されています。

金戒光明寺の紅葉2016のライトアップ情報は?

金戒光明寺では紅葉シーズンにライトアップ(夜間特別拝観)も開催されます。金戒光明寺の紅葉が昼間とはまた違った雰囲気を醸し出します。今年の金戒光明寺の紅葉ライトアップは11月12(土)~11月27日(日)の17:30~21:00に予定されています。

金戒光明寺境内全体の紅葉ライトアップは無料で楽しめますが、御影堂・方丈・紫雲の庭の紅葉ライトアップを楽しむには拝観料が必要です。

なお、御影堂・方丈・紫雲の庭の拝観は昼夜入替制なので、御影堂・方丈・紫雲の庭に昼間からずっと残っていることはできません。御影堂・方丈・紫雲の庭に再度入場するには拝観料も別途必要になります。

金戒光明寺の紅葉シーズンの混雑状況は?

おそらく金戒光明寺がそれほど有名ではないからでしょう。清水寺・金閣寺・銀閣寺などの誰もが知っている京都の大人気観光名所と比較すると、金戒光明寺は紅葉シーズンでもいくらかは混雑がゆるやかな傾向にあります。もしかしたらゆったりと落ち着いた雰囲気で紅葉を楽しめるかもしれません。

ただ金戒光明寺も紅葉ライトアップではそれなりに混雑しますので、一定の覚悟はしておいたほうがよいでしょう。金戒光明寺の紅葉ライトアップをできるだけゆったりと楽しみたいのであれば、終了直前の20:00~21:00ごろがおすすめです。

スポンサーリンク

金戒光明寺の紅葉おすすめスポット6選

せっかく京都に来たにもかかわらず、金戒光明寺の紅葉を見るだけというのはもったいないですよね。金戒光明寺周辺には他にもたくさんの紅葉の名所が点在しています。ここでは金戒光明寺周辺の紅葉おすすめスポット6選をご紹介します。

1.真如堂(真正極楽寺)

sinnyodo-kouyou

真如堂(真正極楽寺)は京都の紅葉の名所として有名で、特に紅葉と三重塔が重なる風景は何とも京都らしい雰囲気にあふれています。また、真如堂の本堂・庭園は拝観料が必要ですが、真如堂の境内は無料で紅葉散策が楽しめます。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 ■境内
6:00~16:00
■本堂・庭園
9:00~16:00(15:45受付終了)
拝観料金 ■境内
散策自由・無料
■本堂・庭園
大人500円/高校生300円/中学生:200円/小学生以下無料
地図
住所 京都府京都市左京区浄土寺真如町82
問い合わせ先 TEL:075-771-0915
HP http://shin-nyo-do.jp/

2.平安神宮

heianjingu-kouyou

平安神社は明治28年(1895)に平安遷都1100年を記念して創建された神社で、桓武天皇と孝明天皇を祀っています。平安京大内裏の正庁を模した応天門や大極殿など朱塗りの建築が参拝者の目を惹きます。平安神宮の広大な神苑ではカエデ・サクラなどが赤や黄に染まりますので、ゆったりと紅葉散策を楽しめます。

紅葉の見ごろ 11月上旬~11月下旬
拝観時間 ■通常参拝
[10月1日(土)~10月31日(月)]6:00~17:30
[11月1日(火)~12月30日(金)]6:00~17:00
■神苑拝観
[10月1日(土)~10月31日(月)]8:30~17:30(17:00受付終了)
[11月1日(火)~12月30日(金)]8:30~17:00(16:30受付終了)
拝観料金 ■通常参拝
無料
■神苑拝観
大人600円/小人300円
地図
住所 京都府京都市左京区岡崎西天王町
問い合わせ先 TEL:075-761-0221
HP http://www.heianjingu.or.jp/

3.岡崎疏水

okazakisosui-kouyou

岡崎疏水は京都市左京区にある琵琶湖疏水の分線で、紅葉シーズンには両岸がカエデ・イチョウ・サクラなどでビビッドに染まります。紅葉の木々が疎水の水面に映し出される風景もまた情緒を感じられるでしょう。京都の紅葉名所は寺社仏閣がほとんどで拝観料が必要になりますが、岡崎疏水は無料で紅葉散策を楽しめるのもうれしいです。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
時間 散策自由
料金 無料
地図
住所 京都府京都市左京区南禅寺草川町
問い合わせ先 TEL:075-321-7696(京都府旅行業協同組合)
HP http://www.kurodani.jp/(京都府旅行業協同組合)

4.無鄰菴

murinan-kouyou

もともとは明治・大正時代に活躍した政治家・山県有朋の別荘で、東山を借景とした池泉回遊式庭園は国の名勝に指定されています。無鄰菴庭園の木々が紅葉し始めると、もともと洗練された庭園風景をより印象的に見せてくれます。しかも無鄰菴は比較的観光客も少なめなので、ゆったりと紅葉を楽しめる穴場スポットです。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 [10月]8:30~18:00(17:30受付終了)
[11月]7:30~18:00(17:30受付終了)
[12月]8:30~17:00(16:30受付終了)
拝観料金 大人・高校生・中学生・小学生410円/小学生以下無料
地図
住所 京都府京都市左京区南禅寺草川町31
問い合わせ先 TEL:075-771-3909
HP http://murin-an.jp/

5.永観堂(禅林寺)

eikando-kouyou

浄土宗西山禅林派の総本山である永観堂(正式名称:禅林寺)は、京都屈指の紅葉の名所です。古今和歌集では「もみじの永観堂」と詠まれるほどで、永観堂の広大な境内全域で赤・黄・オレンジと鮮やかに染まる紅葉を観賞できます。また、夜間のライトアップでは昼とは異なる幽玄的な紅葉を楽しめます。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 ■通常拝観【秋季特別拝観の以外の期間】
9:00~17:00(16:00受付終了)
■秋季特別拝観【11月8日(火)~12月4日(日)】
○寺宝展
9:00~17:00(16:00受付終了)
○紅葉ライトアップ
17:30~21:00(20:30受付終了)
※昼夜入替制
拝観料金 ■通常拝観【秋季特別拝観の以外の期間】
大人600円/高校生・中学生・小学生400円
■秋季特別拝観【11月8日(火)~12月4日(日)】
○寺宝展
大人1000円/高校生・中学生・小学生600円
○紅葉ライトアップ
大人・高校生・中学生600円/小学生以下無料
※昼夜入替制
地図
住所 京都府京都市左京区永観堂町48
問い合わせ先 TEL:075-761-0007
HP http://www.eikando.or.jp/

6.南禅寺

nanzenji-kouyou

臨済宗南禅寺派の大本山で、京都の紅葉の名所としても有名です。南禅寺の約4万5000坪という広大な境内では、紅葉シーズンに約300本ものカエデが真っ赤に染まります。

歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」と大見得を切る舞台になった「三門」、江戸時代初期の名庭師・小堀遠州作とされる「方丈庭園」、南禅寺の塔頭寺院である「南禅院」や「天授庵」、ドラマや映画の撮影でもよく利用されている「水路閣」などなど…。南禅寺にはここだけで半日過ごせるほど紅葉スポットが集中しています。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 ■南禅寺境内
拝観自由
■方丈庭園
[3月~11月]8:40~17:00(16:40受付終了)
[12月~2月]8:40~16:30(16:10受付終了)
■三門
[3月~11月]8:40~17:00(16:40受付終了)
[12月~2月]8:40~16:30(16:10受付終了)
■南禅院
[3月~11月]8:40~17:00(16:40受付終了)
[12月~2月]8:40~16:30(16:10受付終了)
■天授庵
[3月1日~11月14日]9:00~17:00(16:40受付終了)
[11月15日~2月28日]9:00~16:30(16:10受付終了)
拝観料金 ■南禅寺境内
無料
■方丈庭園
大人500円/高校生400円/中学生・小学生300円
■三門
大人500円/高校生400円/中学生・小学生300円
■南禅院
大人300円/高校生250円/中学生・小学生150円
■天授庵
大人400円/高校生300円/中学生・小学生200円
地図
住所 京都府京都市左京区南禅寺福地町86
問い合わせ先 TEL:075-771-0365
HP http://www.nanzen.net/

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?金戒光明寺の紅葉2016の見ごろの時期やライトアップ情報・混雑状況、また金戒光明寺周辺の紅葉おすすめスポットなどをお伝えしてきました。今年も京都の紅葉シーズンは大混雑が予想されますが、ぜひ金戒光明寺の紅葉をたっぷりと楽しんでくださいね。

<画像出典>
●京都旅屋
http://kyoto-tabiya.com/
●京都フリー写真素材
http://photo53.com/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です