端午の節句の五月人形(兜飾り)は買わないという選択肢もあり?

kabuto

毎年5月5日は端午の節句。男の子のいるご家庭ではどんなお祝いをしようかと考えているかもしれませんね。

そんな端午の節句に関する疑問の1つが「五月人形(兜飾り)は必ず買わないといけないものか」ということです。世間一般の方がどうしているのかを調べてみました。

スポンサーリンク

そもそも五月人形(兜飾り)の意味・由来とは?

端午の節句に鎧兜などを飾る慣習は、鎌倉時代から江戸時代前期にかけて武家社会で広まったものです。もともとは門前に鎧兜を飾ることで、男の子の誕生を知らせていました。

武家社会の男子にとって鎧や兜は身を守るための大切なもの。そのことから、端午の節句に飾られる鎧兜は、病気や事故といった本人に降りかかる災厄の身代わりになってくれると考えられるようになりました。鎧兜は男の子の無事な成長を願うものへと変化していったのです。

そして、江戸時代中期ごろまでは本物の鎧兜を飾っていましたが、江戸時代後期ごろには装飾用の鎧兜を用意するようになりました。それとともに、豪商や豪農など武家以外の裕福層でも兜飾りを用意するようになり、明治以降では一般家庭にも慣習が広がっていったのです。

五月人形(兜飾り)は必ず買わないといけないものなのか?

そもそもの意味・由来から考えると、五月人形(兜飾り)は男の子が無事に成長するためのお守りのようなもの。あなたが日本古来の伝統や慣習を大切にしたいのであれば、五月人形(兜飾り)を買ってあげるのがよいと思います。

スポンサーリンク

また、お子さんが五月人形(兜飾り)を欲しがったら、できるだけ買ってあげるようにしたいですね。あとでお子さんに「兜がほしかったのに、買ってもらえなかった」と言われると、心がズキっと痛みます…。

ただ口コミを調べてみると、最近は五月人形(兜飾り)を買わないというご家庭も増えているようでした。その理由は「特に必要性を感じない」「お金がもったいない」「飾る場所や収納場所に困る」「子供が怖がる」などです。

五月人形(兜飾り)の意味や由来を詳しく知らなければ、特に必要性は感じないですし、アパートやマンションに住んでいると場所にも困ってしまいますよね。

kashiwamochi

わたしも必ずしも五月人形(兜飾り)を買わなければいけないとは思いません。単に端午の節句をイベントとして楽しむのであれば、鯉のぼりやかしわ餅だけでも雰囲気は出せますしね。無理に高価な五月人形(兜飾り)を買うくらいなら、別のところにお金を使ってあげたいなぁ、と思います。

最後に

いかがでしたか?世間一般の口コミを調べると、必ずしも五月人形(兜飾り)を買わなければいけないものではないと思います。五月人形(兜飾り)を買うかどうかは、最終的にご両親の自己判断です。各ご家庭の事情に合わせて、五月人形(兜飾り)を買うかどうかを決めてくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です