【徹底攻略】岡崎花火大会2017を超楽しめるおすすめ&穴場スポット13選

今年も真夏の夜空を彩る岡崎花火大会(正式名称:岡崎城下家康公夏まつり花火大会)が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしているかと思います。

ここでは岡崎花火大会2017のおすすめ&穴場スポット13選をお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

岡崎花火大会とは?

徳川家康公生誕の地である愛知県岡崎市で開催される毎年恒例の花火大会です。例年約50万人の観客でにぎわう岡崎市の夏の風物詩イベントとなっています。

三河花火発祥の地で受け継がれる花火職人の匠の技は、決して期待を裏切ることがありません。岡崎城を背景とするロケーションで、メロディースターマイン、水上スターマイン、金魚花火、火車、銀滝、大のしなど、多種多様な花火が観客を魅了!クライマックスの超豪華なドラマチックハナビには圧巻の迫力です。

岡崎花火大会2017の基本情報

イベント名 岡崎花火大会(岡崎城下家康公夏まつり花火大会)
打上玉数 非公開(例年推定約20,000発)
開催場所 愛知県岡崎市 乙川河畔(殿橋下流)・矢作川河畔
開催日程・時間 8月5日(土)18:50~21:00
※荒天または乙川増水の場合は翌日8月6日(日)に順延・延期
料金・予約など 観賞無料
有料観賞席 あり
アクセス方法 ■乙川会場
名鉄名古屋本線「東岡崎駅」または「岡崎公園前駅」より徒歩10分、愛知環状鉄道「中岡崎駅」より徒歩10分
■矢作川堤防東側
名鉄名古屋本線「岡崎公園前駅」より徒歩10分、愛知環状鉄道「中岡崎駅」より徒歩10分
■矢作川堤防西側
名鉄名古屋本線「矢作橋駅」より徒歩15分
交通規制 あり(おおよそ17:00~22:00ごろ)
駐車場 臨時駐車場あり
※ただし公共交通機関の利用を推奨
トイレ 公衆トイレあり(仮設トイレも設置予定)
お問い合わせ先 TEL:0564-23-6216
(岡崎市観光協会)

岡崎花火大会2017の打上場所は?

岡崎花火大会2017の打上場所は、「乙川河畔(殿橋下流)」「矢作川河畔」の2地点です。あらかじめ地図で場所を確認しておきましょう。

乙川河畔(殿橋下流)

矢作川河畔

岡崎花火大会2017のおすすめ&穴場スポット13選

ここでは岡崎花火大会2017を観賞するおすすめスポットをまとめました。大迫力で花火を楽しめる鉄板人気スポットだけでなく、混雑を避けてゆったりと花火を観賞できる穴場スポットも紹介します。

乙川南側の河川敷

岡崎花火大会を無料で鑑賞できるベストスポットはこのあたりです。乙川の打上地点の目前なので、打上花火も仕掛け花火も大迫力で楽しむことができます。

レジャーシートを敷く場所を確保するには、最低でも花火大会当日午前のうちに行かなければなりません。ただそれだけの価値はある場所です。

岡崎公園駐車場

岡崎公園駐車場は花火観賞エリアとして開放されます。花火の打上地点から距離が近いのため、打上花火も仕掛け花火も観賞できるおすすめスポットです。レジャーシートを敷く場所を確保したいのなら、午前のうちに向かいたいところです。

岡崎公園多目的広場

岡崎公園駐車場のすぐ隣にあります。岡崎公園駐車場と同じく、打上花火も仕掛け花火も観賞できるおすすめスポットです。こちらもレジャーシートを敷く場所を確保するには午前のうちから向かう必要があります。

篭田公園(かごたこうえん)

花火の打上地点からはやや離れますが、岡崎花火大会を観賞する定番人気スポットです。地下には有料駐車場(約210台)があります。

乙川河川敷テニスコート

乙川の打上地点の西側に位置するテニスコートで、花火大会当日は観賞エリアとして開放されます。名鉄の電車の音が気になりますが、乙川と矢作川の両地点の花火を観賞できる人気スポットです。

矢吹橋周辺

花火の打上地点より乙川上流に架かっている橋の周辺です。このあたりまで歩いてくると比較的混雑がゆるやかになります。夕方くらいまでに向かえば、まだ観賞場所を確保できる可能性があります。視界を遮るものがないため、十分に花火を楽しめるおすすめスポットです。

矢作川堤防東側(八帖南町付近)

矢作川堤防東側(八帖南町付近)は例年比較的混雑がゆるやかでありながら、乙川河畔と矢作川の両地点の打上花火を大迫力で観賞できる穴場スポットです。

名鉄名古屋本線「岡崎公園前駅」また愛知環状鉄道「中岡崎駅」を出ると、観客の流れは岡崎公園の方面に向かいますが、ここであえて逆方向に歩き出しましょう。お祭りの屋台・露店などはありませんが、ゆったりと花火を楽しむことができます。

矢作川堤防東側(第10号渡橋河川緑地付近)

矢作川の打上地点の南側に位置する穴場観賞スポットです。乙川の打上地点の花火はほとんど見えませんが、矢作川の打上地点の花火を大迫力で観賞できます。花火大会開始後でも普通に観賞場所を確保できるくらいなので、のんびりと花火を楽しみましょう。

矢作川堤防西側

乙川の打上地点の花火はほぼ見えませんが、矢作川の打上地点の花火を大迫力で観賞できる穴場スポットです。花火大会開始後でも普通にレジャーシートを敷く場所を確保できます。名鉄名古屋本線「矢作橋駅」より徒歩15分です。

スポンサーリンク

岡崎中央総合公園

岡崎花火大会の会場周辺から直線距離で東に5kmほど離れた位置にある公園です。岡崎市観光協会が公式に推奨している花火観賞スポットで、花火大会の臨時駐車場(約1,500台)にもなっています。

ただ花火の打上地点から距離が離れているので、一応花火が見えるくらいに考えておいたほうがよいでしょう。「花火が見えると聞いてたけどこんなものか…」といった様子で、花火大会が終わる前に帰る方が例年けっこういます。確かに混雑はしていませんが、正直あまりおすすめはしません。

岡崎シビコ屋上

岡崎公園の北東に位置するショッピングセンターで、例年花火観賞のために屋上を開放しています。花火の打上地点からも距離が近いため、普通に花火を楽しめます。ただ今年も屋上を開放するかはわからないので、岡崎シビコの屋上を狙う方は、お店に問い合わせてみるとよいでしょう。

イオンモール岡崎屋上駐車場

イオンモール岡崎では例年花火観賞のために屋上駐車場を開放しています。岡崎公園から南に約2kmほど離れていますが、打上花火だけであれば十分に楽しめる穴場スポットです。飲みもの・食べ物の調達やトイレにも困りません。今年も屋上を開放するかは未定なので、こちらも事前確認は必要です。

アピタ岡崎北店屋上駐車場

アピタ岡崎北店でも例年例年花火観賞のために屋上駐車場を開放しています。こちらは岡崎公園から北に約2kmほど離れています。飲みもの・食べ物の調達やトイレも安心ですし、打上花火だけであれば十分に楽しめます。今年も屋上を開放するかは未定ですので、こちらもお店への確認は必要です。

最後に

スポンサーリンク

岡崎花火大会2017のおすすめ&穴場スポット13選をお伝えしてきました。どこで花火を観賞するかは決まりましたか?ぜひ岡崎花火大会2017をベストポジションで楽しんでくださいね。

関連記事 岡崎花火大会2017の開催日程・時間や有料席チケット・屋台情報まとめ
関連記事 岡崎花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場・混雑情報まとめ
関連記事 岡崎花火大会2017は雨天時には中止?順延・延期はあるの?

<画像出典>
●岡崎市観光協会公式ホームページ
https://okazaki-kanko.jp/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です