【徹底攻略】神奈川新聞花火大会2016のおすすめ&穴場スポット9選

kanagawashinbun_hanabi3

今年2016年も真夏の夜空を彩る神奈川新聞花火大会が開催されます。横浜の夏の風物詩イベントですよね。きっとたくさんの方が楽しみにしていることだと思います。

ここでは神奈川新聞花火大会2016の見どころとおすすめ&穴場スポット9選をお伝えします。ぜひ神奈川新聞花火大会2016をベストポジションで楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

神奈川新聞花火大会とは?

神奈川県横浜市のみなとみらい21地区で開催される毎年恒例の花火大会で、例年約20万人の観客でにぎわいます。関東最大級の2尺玉(直径480m)を含む約15,000発の花火が打ち上げられます。

神奈川新聞花火大会2016の基本情報

イベント名 第31回神奈川新聞花火大会
打上玉数 約15,000発(予定)
開催場所 神奈川県横浜市西区みなとみらい21地区 臨港パーク前面海上
開催日程・時間 8月2日(火)19:00~20:00
※荒天の場合は翌日8月3日(水)に順延・延期
料金・予約など 観賞無料
有料観賞席 あり
※詳細は下記をご確認ください。
アクセス方法 ●JR・東急電鉄・横浜高速鉄道・横浜市営地下鉄「横浜駅」東口より徒歩20分
●JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩15分
●横浜高速鉄道「みなとみらい駅」または「新高島駅」より徒歩10分
交通規制 あり(18:00~22:00ごろに会場周辺道路で車両通行禁止など)
駐車場 なし
トイレ 仮設トイレ設置予定
お問い合わせ先 TEL:045-227-0744
(神奈川新聞花火大会事務局)

神奈川新聞花火大会2016の見どころは?

神奈川新聞花火大会の最大の特徴は、その開催場所にあるかもしれません。「横浜みなとみらい21」といえば、「横浜ランドマークタワー」「コスモクロック21」「赤レンガ倉庫」などが隣接する大人気夜景スポット!そんな横浜みなとみらい21の夜景を背景に打ち上げられる花火は、一味違った美しさで観客を魅了します。

また、神奈川新聞花火大会の代名詞ともいわれる関東最大級の2尺玉(直径480m)も見どころの1つです。「冠菊(かむろぎく)」と呼ばれる海面ギリギリまで火花がのびるタイプの花火で、首都圏ではなかなかお目にかかれません。海上で打ち上げる神奈川新聞花火大会だからこそ打ち上げられる大スターマインもぜひ楽しんでくださいね。

神奈川新聞花火大会2016の打上場所は?

神奈川新聞花火大会2016の打上場所は、神奈川県横浜市西区みなとみらい21地区の臨港パーク前面海上となっています。

神奈川新聞花火大会をみなとみらい21地区で観賞するのなら、大混雑を避けることはできません。それが花火大会の醍醐味だったりもしますが、混雑が苦手という方もいらっしゃいますよね。できるだけゆったりと花火を楽しみたいという方は、次に紹介する神奈川新聞花火大会2016のおすすめ&穴場スポットを参考にしてみてくださいね。

神奈川新聞花火大会2016のおすすめ&穴場スポット9選

高島水際線公園

視界を遮るものがないため、大迫力で花火を観賞できるおすすめスポットです。例年15:00~17:00くらいまでに行けば、まだシートを敷く場所を確保できます。もう少し遅くなると、立見になってしまうかもしれません。花火大会当日には仮設トイレも用意されます。

ポートサイド公園

横浜駅東側のポートサイド地区にある公園。芝生にシートを敷いて大迫力で花火を観賞できるおすすめスポットですが、みなとみらい21地区よりは混雑がゆるやかです。例年16:00~18:00くらいまでに行けば、シートを敷く場所を確保できます。JR・東急電鉄・横浜高速鉄道・横浜市営地下鉄「横浜駅」から徒歩15分ほどでアクセス可能です。

かもめ歩道橋

そごう横浜店と横浜ベイクォーターを結ぶ遊歩道です。立見になる可能性も高いですが、花火がキレイに見える場所になっています。横浜駅に直結しているため、花火大会終了後、ラッシュに巻き込まれずに帰宅できます。

山下公園

東京湾に面しているため、花火を邪魔するものが一切ありません。神奈川新聞花火大会の人気観賞スポットのひとつですが、みなとみらい21地区よりは混雑がゆるやかです。例年15:00~17:00くらいまでに行けば、シートを敷く場所を確保できます。横浜高速鉄道「元町・中華街駅」より徒歩5分でアクセスできます。

港の見える丘公園

山下公園の南に位置する公園で、例年それほど混雑しない穴場スポットです。このあたりは高台になっているため、花火と夜景を同時に楽しめます。それほど選びさえしなければ、花火大会開始後でも普通にシートを敷く場所を確保できるでしょう。横浜高速鉄道「元町・中華街駅」より徒歩5分ほどです。

スポンサーリンク

野毛山公園の展望台

みなとみらい21地区やベイブリッジまでを見渡せる野毛山公園の展望台は、花火と夜景のコラボレーションを楽しめる絶好の穴場スポットです。例年ほとんど混雑はないので、ゆったりと花火を観賞したい方によいでしょう。東急電鉄「日ノ出町駅」より徒歩10分、JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩15分です。

掃部山(かもんやま)公園

桜木町の赤茶けた石畳の紅葉坂から少しそれた場所に位置する公園です。多少木々が邪魔になりますが、十分に花火を楽しめる穴場スポットです。みなとみらい地区と逆方向になるので、例年ほぼ混雑はありません。混雑を避けたい方によいかもしれません。JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩10~15分の距離です。

コットンハーバー

打上地点から距離が近いのにもかかわらず、例年コットンハーバー地区はあまり混雑していません。みなとみらい21地区とはアクセス方法が異なるので、このあたりの地理を理解している方だけが集まっているのかもしれません。みなとみらいに繋がる道路が多少邪魔ですが、比較的ゆったり花火を楽しめます。

東急電鉄「仲木戸駅」またはJR「東神奈川駅」より徒歩15分です。この2つの駅では花火大会終了後の混雑も比較的ゆるやかな傾向にあります。

唐沢公園

花火の打上地点からは距離がありますが、花火と夜景をセットで観賞できます。ロマンティックな雰囲気で花火を楽しめるので、デートにもおすすめの穴場スポットです。横浜市営地下鉄「伊勢佐木長者町駅」または「板東橋駅」よりそれぞれ徒歩15分です。

最後に

スポンサーリンク

神奈川新聞花火大会2016の見どころとおすすめ&穴場スポット9選をお伝えしてきました。どこから神奈川新聞花火大会2016を観賞するかは決まりましたか?ぜひ神奈川新聞花火大会2015をベストポジションで楽しんでくださいね。

関連記事 神奈川新聞花火大会2016の開催日程・時間や有料席・屋台情報まとめ
関連記事 神奈川新聞花火大会2016のアクセス・交通規制・駐車場情報まとめ
関連記事 神奈川新聞花火大会2016は雨天時には中止?延期・順延はあるの?

<画像出典>
●yokohamaと横浜(個人ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/natunoatusanimomakezu/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です