男性がメールのやりとりを終わらせたいときの5つのサインとは?

smartphone-man1

あなたは片思いの男性とのメールのやりとりをついつい長引かせていませんか?いつまでもメールのやりとりを続けていたい気持ちはわかりますが、もしかすると相手の男性には「そろそろ面倒になってきたな…」なんては思われているかもしれません。

ここでは男性がメールのやりとりを終わらせたいときの5つのサインをお伝えします。メールのやりとりをいつまでもダラダラと続けることで、相手の男性に悪印象を持たれないように注意しましょう!

スポンサーリンク

男性がメールを終わらせたいときの5つのサインとは?

サイン1.全体的に短文になる

相手の男性のメールが全体的に短文になってきた場合には、もうメールのやりとりを終わらせたいと思っている可能性が高いです。「うん」「へぇー」「そうなんだ」などの相槌を打つような文章ばかりになってきたら、特に注意が必要でしょう。

ただ相手の男性のメールが全体的に短文になるのは、単純に現在の話題にあまり興味が持てないだけということもあります。まずは相手の男性が興味を持てそうな話題に変えてみましょう。それでも相手の男性の反応が薄いのなら、いさぎよくメールのやりとりを終了したほうがよいかもしれません。

サイン2.自分からは質問をしてこない

あなた:「最近仕事の調子はどうなの?」
男性 :「特に何にもないよー」
あなた:「そうなんだ、トラブルがないのはいいことだよね」
男性 :「そうだね」
あなた:「・・・・・」

上記の例はちょっとおおげさかもしれませんが、男性がメールのやりとりを終わらせたい場合には、自分からはあまり質問をしてこなくなる傾向があります。残念ながら相手の男性はできるだけ会話が膨らまないようにしているのです。

逆に相手の男性がメールのやりとりを続けたいのなら、「○○ちゃんは仕事どうなの?」というように質問が返ってくるはずです。相手の男性が自分から一切質問をしてこなくなったら、無暗にメールのやりとりを続けようとするのはやめたほうがよいでしょう。

サイン3.絵文字・顔文字が減る

男性でもメールで絵文字・顔文字を活用している方はたくさんいますよね。もし相手の男性のメールから絵文字・顔文字がだんだんと減ってきた場合には、相手の男性はメールのやりとりを面倒に感じ始めている可能性があります。

スポンサーリンク

ただ相手に慣れてきたときに、だんだんとメールの絵文字・顔文字を減らしていく男性もいます。そのため、相手の男性のメールから絵文字・顔文字が減ってきたとしても、必ずしもメールのやりとりを終わらせたいというわけではありません。相手の男性のメールが機械的になっているかどうかで判断していきましょう。

サイン4.だんだんと返信ペースが落ちる

相手の男性のメールの返信ペースがだんだんと落ちてきたら、相手の男性はメールのやりとりに飽きてきたのかもしれません。特に久しぶりにメールが返ってきたと思ったら、メッセージがたった一言だった…。このようなときは「これでメールの会話は終了にしよう」というサインで間違いありません。

メールのやりとりをダラダラと続けていても、お互いの関係は何も発展しません!片思いの男性とずっとつながっていたい気持ちはわかりますが、あなたからメールのやりとりを終わらせましょう。「あれ?ずっとメールを送ってきてたのにどうしたんだろう?」なんてちょっと気を引けるかもしれませんよ。

サイン5.今後の予定をアピールしてくる

「この後は同期と飲みに行く予定なんだ」「明日も朝から仕事大変だな~」「最近資格をとるために勉強してるんだよね」などなど…。相手の男性がメールで今後の予定を伝えてくるのなら、遠回しにメールのやりとりを終わらせたいとアピールしているのかもしれません。

相手の男性が今後の予定を伝えてきた場合には、「じゃあ、また今度連絡するね」「そろそろ寝ようか?」「きっと忙しいよね」というようなメッセージを送るのがよいでしょう。もし相手の男性が単純に今後の予定を話題に出したいだけだったとしても、あなたは自然と気遣いのできる女性という印象を残せます。

最後に

smartphone-man

いかがでしたか?男性がメールのやりとりを終わらせたいときの5つのサインをお伝えしてきました。無暗にメールのやりとりを続けようとすると、相手の男性に悪印象を持たれてしまうかもしれません。相手の男性のメールのやりとりを終わらせたいというサインを見逃さないようにしましょう。

ただ相手の男性とメールのやりとりがなかなか続かなくても、必ずしも相手の男性に嫌われているわけではありません。相手の男性にも仕事・勉強・趣味・家事・食事・お風呂・睡眠などの活動がありますから、単に物理的にメールを続けられないだけかもしれません。また別の機会にメールを送ってみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です