こどもの日に女の子もお祝いしていいの?鯉のぼりもOK?

koinobori

毎年5月5日は「こどもの日」です。ただ「こどもの日」は「男の子の日」だという印象が強いですよね。女の子だけのご家庭では「こどもの日に何かをお祝いをしてもいいの?」と疑問に思うかもしれません。

でも安心してくださいね。「こどもの日」は女の子もお祝いをしてもOKです。そのあたりについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

実は「こどもの日」と「端午の節句」は別ものだった!?

「こどもの日」が「男の子の日」だという印象が強いのは、きっと5月5日が「端午の節句」でもあるからですよね。確かに端午の節句は古来より男の子の成長と健康を願う日とされてきました。

でも実は「こどもの日」と「端午の節句」は別もの。たまたま5月5日に「こどもの日」と「端午の節句」が重なっているだけと考えるとわかりやすいですね。

1948年に国民の祝日に関する法律によって、「こどもの日」は5月5日に定められました。その法律によると、「こどもの日」は「こどもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」されています。「男の子」や「女の子」といった単語は出てきません。

ですから、「こどもの日」には女の子だってお祝いをしてもいいのです!せっかくのイベントですから、男の子も女の子も関係なく楽しみましょう!

スポンサーリンク

なお、国民の祝日を定めるとき、「こどもの日」をいつにするかは、桃の節句の3月3日や、学年が始まる4月1日という案も出ていました。しかし、3月3日では北海道などではまだ寒すぎる、4月1日はエイプリルフールと重なってしまうという理由で却下されたそうです。そして、「こどもの日」は5月5日になりました。

こどもの日に女の子も鯉のぼりを立ててもOK?

kodomonohi

  • 鯉のぼりを立てる
  • 「鎧」や「兜」を飾る
  • 柏餅を食べる

こうしたことは男の子の成長と健康を願う日である「端午の節句」の風習です。それを考えると、女の子だけの家庭で鯉のぼりを立てるのは、本来の意味から外れていることになります。

でも最近では女の子だけの家庭でも「鯉のぼり」を立てたりしていますし、幼稚園や小学校では男女が一緒になって、折り紙で「兜」を作ったりしています。

女の子だけの家庭だからといって、「鯉のぼり」を立ててはいけないということはありません。折り紙「兜」を作ってもいいですし、柏餅だって食べてもいいと思います。お子さんが喜ぶなら、積極的にお祝いをしてあげましょう。

「女の子だけなのに鯉のぼりを飾るのは恥ずかしい…」と思うのであれば、家の中だけに小さな鯉のぼりを飾ったりしてあげるのもよいと思いますよ。もともとの由来などの固執せずに、臨機応変にイベントを楽しむのがおすすめです!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です