足首を捻挫しているときに運動をしてもよいのか?

nenza

「足首を捻挫してしまったけど、できれば運動をしたい…」

あなたはこのように悩んでいませんか?何かのスポーツを真剣にやっていると、体力や筋力が落としたくないと思うものです。また、チームスポーツをしていると周囲に置いていかれる不安もありますよね。では足首を捻挫をしているときには運動をしてもよいのでしょうか?

スポンサーリンク

そもそも捻挫とは?

足首を捻挫しているときに運動をしてもよいのかを考える前に、まずは捻挫がどのようなケガなのかを確認しておきましょう。

そもそも捻挫とは、骨と骨を繋いでいる関節部分(靭帯・腱・軟骨など)の損傷のことです。関節部分に運動許容範囲を超えた負荷がかかることで起きます。関節のある部位ならどこでも起きる可能性がありますが、実際には足首や手首などで発生しやすいケガです。

捻挫は少なからず内出血や炎症を引き起こします。そのため、捻挫をすると関節周辺に痛みや腫れが発生するのです。

また、捻挫にもさまざまな損傷レベルがあります。一時的に靭帯が伸びているだけの軽傷のケースが多いのですが、部分的に靭帯が切れているような重傷のケースも少なくありません。また、単なる捻挫だと思っていたら、靱帯断裂・脱臼・骨折を伴っていることもあります。

足首の捻挫をしているときに運動をしてもよいのか?

basketball

足首の捻挫をしているときにすぐ運動をすると、患部の痛みや腫れが悪化してしまいます。結果的に捻挫の完治が遅れてしまうでしょう。

スポンサーリンク

さらに足首の捻挫が完治する前に運動すると、足首関節に後遺症が残ってしまう可能性があります。たとえば、関節がグラグラと不安定なままになったり、逆に関節が十分に動かなくなったりします。

したがって、足首の捻挫をしているときには無理に運動をしないようにしましょう。足首の捻挫の治療ではとにかく安静にしていることが大切です。

足首の捻挫後はいつから運動再開できるのか?

tokei640

では足首の捻挫後はいつから運動を再開できるのでしょうか?

前述した通り、足首の捻挫にもさまざまなケースがあります。そのため、足首の捻挫後はいつから運動を再開できるのかは、その捻挫の損傷レベルによって変わります。

たとえば、一時的に靭帯が伸びているくらいの軽傷の捻挫であれば、おおよそ1~2週間ほどで痛みを感じなくなるはずです。そのくらいから簡単な運動であれば再開できるでしょう。

一方で部分的に靭帯を断裂しているなどの重傷の捻挫では、やはり痛みが長引くものです。捻挫後に運動を再開できるまでには最低でも3~4週間はかかるでしょう。

ただいずれにせよ、足首の捻挫後は絶対に運動で無理をしていはいけません。もし運動をしているときに患部が痛くなってきたら、すぐに休むようにします。また、テーピング・サポーターを活用することで、足首の捻挫の再発を予防するのもよい方法です。

最後に

いかがでしたか?足首を捻挫しているときに運動をしてもよいのかについてお伝えしてきました。できるだけすぐに運動を再開したい気持ちはよくわかりますが、足首の捻挫をしているときは運動を控えるようにしましょう。足首の捻挫が完治したら思いっきりスポーツなどを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です