足首などの捻挫が完治するまでの期間はどのくらいなのか?

nenza

捻挫は頻繁に起きるケガのひとつです。スポーツをしているときなどに足首などを捻挫してしまったことのある方も、きっとたくさんいらっしゃいますよね。

捻挫をしていると日常生活で何かと不便を感じるものです。では足首などの捻挫が完治するまでの期間はどのくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

そもそも捻挫とは?

捻挫が完治するまでの期間がどのくらいなのかを考える前に、まずは捻挫がどんなケガなのかを確認しておきましょう。

そもそも捻挫とは、骨と骨を繋いでいる関節部分(靭帯・腱・軟骨など)の損傷のことです。関節部分に運動許容範囲を超えた負荷がかかることで起きます。関節のある部位ならどこでも起きる可能性がありますが、実際には足首や手首などで発生しやすいケガです。

捻挫は少なからず内出血を引き起こすため、関節部分が腫れます。つまり、捻挫で関節周辺が腫れるのは、基本的に血液が溜まっているからです。

また、捻挫にもさまざまな損傷レベルがあります。一時的に靭帯が伸びているだけの軽傷のケースが多いのですが、部分的に靭帯が切れているような重傷のケースも少なくありません。また、単なる捻挫だと思っていたら、靱帯断裂・脱臼・骨折を伴っていることもあります。

捻挫が完治するまでの期間はどのくらいなの?

tokei640

では足首などの捻挫が完治するまでの期間はどのくらいなのでしょうか?

前述した通り、捻挫にもさまざまなケースがあります。そのため、捻挫が完治するまでの期間がどのくらいなのかは、その捻挫の損傷レベルによって変わります。

たとえば、一時的に靭帯が伸びているくらいの軽傷の捻挫は、適切な応急処置をした上でできるだけ安静にしていれば、おおよそ1週間ほどで痛みや腫れは引いてきます。一時的に靭帯が伸びているくらいの軽傷の捻挫が完治するまでの期間は、おおよそ2~3週間が目安になるでしょう。

一時的に靭帯が伸びているくらいの軽傷でも、病院で適切な治療を受けるに越したことはありません。ただ自宅で安静にしているだけでも完治するでしょう。

一方で部分的に靭帯が切れているような重傷の捻挫が完治するまでの期間は、当然もっと長くなります。最低でも1~2か月はかかってしまうでしょう。靱帯断裂・脱臼・骨折などを伴っていれば、さらに回復期間が必要です。捻挫をした関節を元通りに動かすためのリハビリ期間も考えなければいけません。

もちろん、部分的に靭帯が切れているような重傷の捻挫が、自然に治ることはありません。こうした重傷の捻挫を放置していると、長期間痛みや腫れが引かないですし、関節がグラグラと不安定なままになるなどの後遺症が残ります。必ず病院で治療を受けるようにしてください。

なお、捻挫の痛みや腫れが引いたとしても、捻挫が完治しているわけではありません。というのも、靭帯・腱・軟骨などの関節組織の修復には、もっと時間がかかるからです。捻挫の痛みや腫れが引いたからといって、急に運動などを再開しないでくださいね。

関連記事 捻挫は放置しておけば治る?病院に行くべき判断基準とは?

スポンサーリンク

捻挫を短期間で完治させるには?

ice

スポーツなどをしているときに捻挫をしてしまったら、まずは応急処置をすることが大切です。最初に適切な対処ができれば、捻挫が完治するまでの期間はグッと短くなります。

もしあなたが捻挫してしまったら「RICE処置(ライスしょち)」を思い出してください。RICE処置とは応急処置の基本で、下記の4つの原則の頭文字をとったものです。

①Rest(安静にする)
②Ice(冷却する)
③Compression(圧迫・固定する)
④Elevation(挙上する)

Rest(安静にする)

もしスポーツをしているときなどに捻挫をしてしまったら、まずは安静にしましょう。無理に運動を続けたりすると、内出血や炎症が悪化してしまいます。また、患部を無闇にさわらないようにします。

Ice(冷却する)

捻挫の応急処置で最も重要なのが冷却(アイシング)です。すぐに患部を冷却することで、内出血や炎症を最小限に抑えることができます。もし足首や手首を捻挫してしまったら、できるだけ迅速に患部を冷却するようにしましょう。

具体的にはキンキンに冷えた氷水の入ったバケツを用意します。そして、そこに約15~20分ほど患部を入れているがよいです。また、氷をたっぷりと入れたビニール袋(2重・3重にするとよい)などで患部を冷やすのでもOKです。ただ凍傷には十分に注意してください。

すぐに氷を用意できない場合には、流しっぱなしにした水道水に患部をつけることでも、一定の冷却効果を得ることができます。

Compression(圧迫・固定する)

捻挫をした関節周辺を包帯やテーピングで圧迫すると、患部への血流が止まるため、内出血や炎症を抑える効果を得られます。また、関節を固定することで、靭帯などの修復を早める効果も得られます。ただ包帯やテーピングをあまりきつくしすぎないようにしましょう。健康な細胞まで壊死してしまうことがあります。

Elevation(挙上する)

患部が心臓より低い位置にあると、患部に血液がどんどん流れるため、内出血や炎症が助長されます。そのため、もし足首や手首などを捻挫してしまったら、患部を心臓より高い位置に保つように意識しましょう。特に就寝時に患部を拳上するようにしていると、捻挫が治りやすくなります。

最後に

いかがでしたか?捻挫にもさまざまなケースがあります。そのため、捻挫が完治するまでの期間がどのくらいなのかは、その捻挫の損傷レベルによって変わります。しっかりと捻挫を完治させたいのであれば、病院で診察を受けるのが最も確実でしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です