洗濯で縮んでしまったセーター・カーディガンを元に戻す方法

seta

「うっかりセーター・カーディガンを洗濯で縮ませてしまった…」

あなたはこんな経験ありませんか?お気に入りのセーター・カーディガンだと特にショックを受けてしまいますよね…。

でも諦めないでください!ここでは洗濯で縮んでしまったセーター・カーディガンを元に戻す方法をお伝えします。自宅で手軽にできる方法ですからぜひ試して見えてくださいね。

スポンサーリンク

なぜセーター・カーディガンは洗濯で縮むのか?

洗濯で縮んでしまったセーター・カーディガンを元に戻す方法をお伝えする前に、まずはなぜセーター・カーディガンは洗濯で縮むのかを理解しておきましょう。

セーター・カーディガンにはウール・カシミヤ・アンゴラなどの動物の毛がよく使われます。そんな動物の毛の表面を覆っているのは、スケールと呼ばれるウロコ状の皮質です。わたしたちの髪の毛の表面を覆っているキューティクルのようなものですね。

このスケールは洗濯のときの水分や摩擦で絡み合ってしまうという特徴があります。そのため、ウール・カシミヤ・アンゴラなどの動物の毛でつくられたセーター・カーディンガンは、洗濯で縮んでしまうのです。

一方で、ナイロンやアクリルなどの化学繊維は、洗濯のときの水分や摩擦で絡み合うことはありません。そのため、ナイロンやアクリルなどの化学繊維のみでつくられたセーター・カーディガンは、基本的に洗濯で縮まないのです。ただし乾燥機で縮むことはあります。

スポンサーリンク

洗濯で縮んだセーター・カーディガンを元に戻す方法

洗濯で縮んでしまったセーター・カーディガンを元に戻すには、お風呂場にあるヘアトリートメントを使いましょう!ヘアトリートメントは何でもよいわけではありません。「アモジメチコン(ジメチコン)」という成分が含まれているものを利用します。

洗濯で縮んだセーター・カーディガンを元に戻す方法

1.洗面器などにぬるま湯を入れる
2.ヘアトリートメント約15gをぬるま湯に溶かす
3.セーター・カーディガンを約30分間つけておく
4.セーター・カーディガンを洗濯機で約1分ほど脱水する
5.セーター・カーディガンを型崩れしないように注意しつつ陰干しする

いかがですか?自宅で誰でも手軽にできることですが、これだけで洗濯で縮んでしまったセーター・カーディガンのサイズが元に戻ります。

ヘアトリートメントに含まれているアモジメチコン(ジメチコン)は、本来は髪のキューティクルをコーティングしてくれる成分ですが、ウール・カシミヤ・アンゴラなどの動物の毛の繊維が絡まっているのも解消してくれます。そのため、洗濯で縮んでしまったセーター・カーディガンのサイズが元に戻るのです。

なお、ナイロンやアクリルなどの化学繊維のみでつくられたセーター・カーディガンには効果がありません。

最後に

いかがでしたか?洗濯で縮んでしまったセーター・カーディガンを元に戻す方法をお伝えしてきました。お気に入りのセーター・カーディガンをうっかり洗濯してしまったなんてときには、ぜひこの方法を試してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です