インフルエンザウイルスの種類と特徴とは?(A型・B型・C型)

virus

インフルエンザウイルスにはA型・B型・C型の3種類があります。ニュースなどでよく耳にはしますが、これらについて詳細に理解している方はあまりいません。それぞれのインフルエンザウイルスは何が違うのでしょうか?ここではインフルエンザウイルスの種類と特徴についてお伝えします。

スポンサーリンク

A型インフルエンザ

a

インフルエンザウイルスのなかでも最も流行性が高いのが「A型インフルエンザ」です。A型インフルエンザは毎年のように冬場に流行します。また、世界規模で大流行するインフルエンザはたいていがA型です。

A型インフルエンザウイルスの最大の特徴は、頻繁に変異を起こす(たくさんの種類がある)ことです。インフルエンザウイルスがモデルチェンジをしてしまうと、わたしたちの身体の免疫機能はインフルエンザウイルスを認識することができませんし、ワクチンも効果が出ません。そのため、A型インフルエンザは次から次へと感染を拡大してしまうのです…。

また、A型インフルエンザは人間に限らず、鳥・豚・馬・犬などにも感染します。ニュースなどでときどき話題になる「鳥インフルエンザ」や「豚インフルエンザ」はA型インフルエンザに分類されます。

A型インフルエンザの基本的な症状には、発熱・鼻水・咳・嘔吐・下痢・悪寒・倦怠感・頭痛・筋肉痛・関節痛などがあります。A型インフルエンザはそれぞれの症状が非常に重たくなる傾向があります。

A型インフルエンザの特徴を以下にまとめておきます。

  • 非常に危険性が高い
  • 人間に限らず、鳥・豚・馬・犬などにも感染する
  • 主に冬場に流行する(季節性)
  • 非常に変異しやすい(免疫・ワクチンの効果が持続しづらい)
  • 非常に感染力が強い
  • 発熱・鼻水・咳・嘔吐・下痢・悪寒・倦怠感・頭痛・筋肉痛・関節痛などの症状が出る(B型インフルエンザよりもそれぞれの症状が重い傾向にある)

B型インフルエンザ

b

A型インフルエンザと同じように、「B型インフルエンザ」も基本的に冬場に猛威をふるいます。いわゆる季節性インフルエンザですね。

B型インフルエンザウイルスも感染力は強いですが、世界的に大流行したことはありません。というのも、B型インフルエンザウイルスは人間にしか感染しない上に、それほど頻繁に変異をしないからです。ただB型インフルエンザウイルスも全く変異しないわけではないためめ、定期的に流行する傾向があります。

スポンサーリンク

B型インフルエンザの基本的な症状には、発熱・鼻水・咳・嘔吐・下痢・悪寒・倦怠感・頭痛・筋肉痛・関節痛などがあります。A型インフルエンザの症状とあまり変わりませんが、B型インフルエンザは嘔吐や下痢など消化器系の症状が出やすいという特徴があります。また、A型インフルエンザよりはそれぞれの症状が軽い傾向にあります。

B型インフルエンザの特徴を以下にまとめておきます。

  • かなり危険性が高い
  • 人間にのみ感染する
  • 主に冬場に流行する(季節性)
  • あまり変異はしない(免疫・ワクチンの効果が持続しやすい)
  • かなり感染力が強い
  • 発熱・鼻水・咳・嘔吐・下痢・悪寒・倦怠感・頭痛・筋肉痛・関節痛などの症状が出る(ただしA型インフルエンザよりはそれぞれの症状は軽い傾向にある)

C型インフルエンザ

c

あまり耳にしたことはないかもしれませんが、「C型インフルエンザ」というのも存在します。ただC型インフルエンザはそれほど危険性が高くないので、ほとんど話題になることはありません。また、C型インフルエンザウイルスに対するワクチンも作られていません。

C型インフルエンザウイルスも人間のみに感染します。A型インフルエンザウイルスやB型インフルエンザウイルスは季節性ですが、C型インフルエンザは通年性という特徴があります。

ただC型インフルエンザウイルスはあまり感染力がありません。そのため、C型インフルエンザにかかるのは、まだ十分な免疫力を持っていない5歳以下の幼児がほとんどです。もし大人が感染したとしても単なる風邪だと間違えてしまうほどです。

また、C型インフルエンザウイルスは、ほとんど変異することもありません。そのため、C型インフルエンザウイルスに対する免疫は一生持続することになりますので、人生で2回かかることも基本的にないです。

C型インフルエンザの特徴を以下にまとめておきます。

  • 危険性は低い
  • 人間にのみ感染する
  • 季節は関係ない(通年性)
  • ほぼ変異はしない(免疫がほぼ一生持続する)
  • 感染力が弱い
  • 風邪とあまり変わらない

インフルエンザのA型・B型の両方に感染してしまうことはあるの?

A型インフルエンザとB型インフルエンザは種類が異なりますから、A型インフルエンザとB型インフルエンザの両方に感染してしまう可能性も十分にあります。

そのため、インフルエンザに1度かかったからといって、決して気を抜かないようにしましょう。インフルエンザの流行時期が過ぎるまでは注意が必要です。

最後に

いかがでしたか?インフルエンザウイルスの種類と特徴についてお伝えしてきました。インフルエンザウイルスにはA型・B型・C型の3種類がありますが、基本的に予防法は同じです。規則正しい生活習慣(食事・睡眠・運動など)で十分に体力を蓄える、手洗い・うがいを徹底する、部屋の保湿をするなどを意識しましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です