お風呂でたくさん汗をかくとすぐに風邪は治るのか?

あなたもきっと風邪を引いたことがありますよね?ただ最も身近な病気だからこそ、風邪の対処法は意見が分かれるものです。「お風呂でたくさん汗をかくとすぐに風邪は治る」なんて意見もありますが、これは本当なのでしょうか?

スポンサーリンク

「たくさん汗をかけば風邪が治る」は間違いだった!?

布団や毛布を何重にもして寝る、暖房で部屋の温度をガンガン上げる、たくさん運動をする、サウナに行くなど…。あなたは風邪を引いたときに無理にでも汗をかこうとしていませんか?

確かに風邪で寒気(悪寒)のあるときに身体を温めることは大切です。しかし、無理に汗をかいても風邪が治るわけではありません…。「とにかくたくさん汗をかけば風邪が治る」というのは、完全に間違った民間療法なのです。もちろん、汗をかくための手段がお風呂であっても同じことです。

むしろ、風邪を引いているときに無理に汗をかこうとすると、余計に体力を消耗してしまいます。結果的に風邪が悪化してしまうかもしれませんし、脱水症状を起こす危険性もあります。

でも「実際にたくさん汗をかいたら風邪が治った」という経験がある方もいらっしゃいますよね。でも実はそれは順番が逆です。「汗をかく⇒風邪が治る」のではなく、「風邪が治る⇒汗をかく」という順番が正解です。

わたしたちの身体が風邪を引いたときに発熱を起こすのは、免疫力を活性化させることでウイルスを退治するためです。ただウイルスをおおよそ退治し終わると、もう体温を高い状態をキープする必要はありません。そのため、風邪が治りかけてくると、体温を元通りにするために汗をかくのです。決してたくさん汗をかいたから風邪が治ったわけではありません。

わたしたちの身体が必要と判断したときには自然に汗が出ますから、わたしたちはその汗で身体を冷やしすぎないように注意しましょう。また、十分に水分補給をすることも大切です。

スポンサーリンク

風邪を引いているときにお風呂に入ってはいけないの?

ahiru_toy

ここまで説明してきたように、お風呂でたくさん汗をかいても風邪が治るわけではありません。ただ風邪を引いているときにお風呂に入っていけないわけではありません。

いつくかの注意点を守りさえすれば、風邪を引いているときでもお風呂に入ってもよいでしょう。むしろ、お風呂は風邪を治すのに一役買ってくれるかもしれません。風邪を引いているときにお風呂に入ると、次のような効果が期待できます。

  • 全身の新陳代謝が上がることで風邪が治りやすくなる
  • 浴室内の湯気が鼻や喉など粘膜のウイルスの活動を抑制する
  • 身体の芯から温まることで抵抗力・免疫力が上がる
  • 皮膚を清潔にすることで発汗作用がスムーズになる
  • 気分的にリフレッシュできる

風邪のときにお風呂に入れるかどうかの判断基準とは?

masuku

風邪を引いているときにお風呂に入っても特に問題はありません。ただ下記のような風邪の症状があるときには、お風呂に入るのは避けたほうがよいでしょう。

38℃以上の高熱がある

38℃以上の高熱になってくると、わたしたちは体温を上手に調節できなくなってきます。それ以上身体を温めても逆効果になるため、お風呂に入るのは避けましょう。

下痢・嘔吐がひどい

風邪のウイルスが胃腸に到達すると、下痢や嘔吐などの症状が出ることがあります。下痢や嘔吐をしているときは脱水症状になりがちですから、お風呂に入るべきではありません。

頭痛・倦怠感・悪寒などがひどい

お風呂に入るのはそれなりに体力を使います。頭痛・倦怠感・悪寒などの症状がひどい場合には体力を消耗していますから、お風呂に入るのはやめておきましょう。風邪が悪化してしまう可能性があります。

風邪のときにお風呂に入る場合の注意点とは?

bath1

風邪を引いているときにお風呂に入る場合には、以下の7つに注意しましょう。入浴で風邪を悪化させないためには、「身体を冷やさないこと」「体力を消耗させないこと」が基本になります。

1.約38~40℃ほどのぬるめのお湯にゆっくりとつかる

お風呂のお湯が熱すぎると体力を消耗してしまいます。お風呂のお湯の温度は約38~40℃ほどにしましょう。

2.事前に浴室と脱衣所を暖めておく

特に冬場は浴室や脱衣所の温度が下がります。身体を冷やさないためには、事前に浴室と脱衣所を暖めておくことが大切です。

3.髪や身体はテキパキと洗う

湯船から出ているときにはどうしても身体が冷えがちですから、髪や身体はテキパキと洗うようにします。髪や身体を洗うのは別の機会にするのもよいでしょう。

4.入浴後はしっかり身体を拭く

身体についた水滴が蒸発するとき、一緒に体温を奪います。入浴後は身体の隅々まで水滴を拭くようにしてくださいね。

5.必ずドライヤーで髪を乾かす

シャンプーをした場合には必ずドライヤーで髪を乾かしましょう。髪を乾かさないでいると、風邪が悪化する原因になります。

6.しっかりと水分補給をする

お風呂に入ると意外と汗をかいているものです。お風呂から出た後にはたっぷりと水分補給をしましょう。できればスポーツドリンクがおすすめです。

7.入浴後はできるだけすぐに寝る

せっかくお風呂に入ったわけですから、身体が冷えてしまう前にベッドに入りましょう。もちろん、暖かい服装・寝具で寝てくださいね。

最後に

いかがでしたか?お風呂に限らず、無理に汗をかいても風邪が治るわけではありませんでした。ただ風邪を引いているときにお風呂に入ることにはメリットもあります。いつくかの注意点を守りさえすれば、風邪を引いているときでもお風呂に入ってもよいでしょう。ご自身の体調とよく相談した上でお風呂に入るようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です