風邪で発熱があるときにお風呂に入ってもよいのか?

bath1

風邪で発熱があるときでもお風呂で汗をさっぱりと流したくなることはありますよね。ただ「風邪で発熱があるときでもお風呂に入ってよい」という意見もあれば、一方で「風邪で発熱があるときはお風呂に入るべきではない」という意見もあります。これはどちらが正解なのでしょうか?

スポンサーリンク

「風邪で発熱があるときはお風呂に入るべきではない」は日本独特の風習だった!?

minnka

「風邪で発熱があるときはお風呂に入るべきではない」と子供のころに教えられた記憶のある方もたくさんいらっしゃいますよね。でも実は風邪で発熱があるときにお風呂を控えるのは、日本独特の風習です。実際に外国では風邪で発熱があるときでも特にお風呂やシャワーを控えたりしません。

ではなぜ日本では風邪で発熱があるときにお風呂を控えてきたのかというと、昔の日本の住環境が関係しています。

昔の日本の一般家庭にはほとんどお風呂がありませんでした。そのため、家族みんなで銭湯に行くというのがよくある光景だったんですね。また、もし家庭にお風呂があっても別棟にあったりしました。つまり、入浴の前後には必ず外気にさらされていたのです。さらに日本の建物は木造建築で隙間風が入りやすかったので、脱衣所も今よりはるかに寒かったでしょう。

これではせっかくお風呂に入っても、すぐに身体が冷えてしまうため、風邪を悪化させてしまいます…。そのため、かつての日本では「風邪で発熱があるときはお風呂に入るべきではない」と教えられてきたのです。

では現代の日本ではどうでしょうか?ほとんどの一般家庭にはお風呂があるので、入浴の前後に外気にさらされることはありません。建築技術も向上していますから、あまり隙間風もないでしょう。必要であれば気軽に暖房器具を使うこともできます。「風邪で発熱があるときはお風呂に入るべきではない」と教えられていたときとは、完全に環境が変わっているのです。

風邪で発熱があるときにお風呂に入ってもよいの?

masuku

では結局のところ、風邪で発熱があるときにお風呂に入ってもよいのでしょうか?風邪で発熱があるときにお風呂に入ってもよいのかは、以下の基準で判断してみてください。

38℃未満の微熱のときはお風呂に入ってもよい

38℃未満の微熱のときはお風呂に入ってもよいでしょう。むしろ、身体を冷やさないように注意さえすれば、お風呂は風邪を治すのに一役買ってくれるかもしれません。風邪を引いているときにお風呂に入ると、次のような効果が期待できます。

  • 全身の新陳代謝が上がることで風邪が治りやすくなる
  • 浴室内の湯気が鼻や喉など粘膜のウイルスの活動を抑制する
  • 身体の芯から温まることで抵抗力・免疫力が上がる
  • 皮膚を清潔にすることで発汗作用がスムーズになる
  • 気分的にリフレッシュできる

38℃以上の高熱のときはお風呂を控えたほうがよい

おそらく体力を消耗しているはずですから、38℃以上の高熱のときはお風呂は控えたほうがよいでしょう。お風呂に入るのは意外と体力を使いますから、余計に風邪が悪化してしまうかもしれません。浴室で気を失ってしまう危険性もあります。

また、風邪のウイルスが胃腸に到達すると、下痢や嘔吐などの症状が出ることがあります。下痢や嘔吐がひどいときには脱水症状になりがちですから、お風呂は入るべきではありません。

スポンサーリンク

風邪で発熱があるときにお風呂に入る場合の注意点とは?

ahiru_toy

風邪で発熱があるときにお風呂に入る場合には、以下の7つに注意しましょう。入浴で風邪を悪化させないためには、「身体を冷やさないこと」「体力を消耗させないこと」が基本になります。

1.約38~40℃ほどのぬるめのお湯にゆっくりとつかる

お風呂のお湯が熱すぎると体力を消耗してしまいます。お風呂のお湯の温度は約38~40℃ほどにしましょう。

2.事前に浴室と脱衣所を暖めておく

特に冬場は浴室や脱衣所の温度が下がります。身体を冷やさないためには、事前に浴室と脱衣所を暖めておくことが大切です。

3.髪や身体はテキパキと洗う

湯船から出ているときにはどうしても身体が冷えがちですから、髪や身体はテキパキと洗うようにします。髪や身体を洗うのは別の機会にするのもよいでしょう。

4.入浴後はしっかり身体を拭く

身体についた水滴が蒸発するとき、一緒に体温を奪います。入浴後は身体の隅々まで水滴を拭くようにしてくださいね。

5.必ずドライヤーで髪を乾かす

シャンプーをした場合には必ずドライヤーで髪を乾かしましょう。髪を乾かさないでいると、風邪が悪化する原因になります。

6.しっかりと水分補給をする

お風呂に入ると意外と汗をかいているものです。お風呂から出た後にはたっぷりと水分補給をしましょう。できればスポーツドリンクがおすすめです。

7.入浴後はできるだけすぐに寝る

せっかくお風呂に入ったわけですから、身体が冷えてしまう前にベッドに入りましょう。もちろん、暖かい服装・寝具で寝てくださいね。

最後に

いかがでしたか?風邪で発熱があるときにお風呂に入ってよいかどうかについてお伝えしてきました。最終的にはご自身の体調と相談した上でお風呂に入るようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です