【メンズ整髪料】ヘアムースの種類と選び方まとめ

boy

一般的によく使われるメンズ整髪料のひとつに「ヘアムース」があります。ただヘアムースにもたくさんの種類があるので、何を選べばよいのかと迷ってしまいがちですよね。

ここではメンズ整髪料のなかでもヘアムースの種類と選び方についてまとめました。ヘアムースで理想の髪型にセットしたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ヘアムースとは?

ヘアムースとは容器から噴射したときに泡状になる整髪料のこと。ただ日本国内において化粧品/整髪料における“ムース”は資生堂の登録商標(第1315853号)であるため、一般的な商品名としては“フォーム”が使われています。

ヘアムースにはさまざまな種類・用途のものがあるため、一概に整髪料の特徴を表すことはできません。そのため、ヘアムースを購入するときには、自分がイメージするスタイリングに向いているかをしっかりチェックするようにしましょう。

ヘアムースの種類は?

ナチュラルタイプ

ソフトに髪を整えるためのムースで、整髪力はあまりありません。ナチュラルタイプのヘアムースをつかると、自然で軽い仕上がりになります。髪をなめらかにするトリートメント効果があるので、髪がパサつきがちな方に向いています。また、整髪料でベタつくのが苦手だという方にもおすすめです。

ハードタイプ

髪型をガッチリとキープしたい方はハードタイプのヘアムースを使いましょう。できるだけヘアスタイルを崩したくないときに向いています。すぐに乾いてしまうという性質があるため、ヘアムースを手に出したらサッとセットする必要があります。

スポンサーリンク

スーパーハードタイプ

さらに整髪力を求めている方はスーパーハードタイプのヘアムースがよいでしょう。絶対にヘアスタイルを崩したくない場面で使います。

ウェットタイプ

水で濡れたようなツヤ感を演出してくれるヘアムースです。「洗髪したばかりの感じをキープしたい」なんて方によいでしょう。髪がパサつきがちという方にもおすすめです。

ワックスタイプ

適度なセット力はありますが、髪が完全に固まりません。そのため、自然で動きのあるスタイリングができますし、後から手直しもしやすいです。逆に髪型が崩れやすいと捉えることもできるかもしれません。

正しいムースの使い方とは?

容器をよく振ってからゴルフボール約2個分を目安に手にとります。泡状のまま髪につけたくなりますが、手のひらでしっかりと伸ばしてから髪につけるようにしましょう。

そして、ヘアムースを髪の中間から毛先にかけてバランスよくもみこみます。髪の根元にはあまり着けないようにしましょう。手のひらでクシャっと握るようにするとヘアムースが髪になじみます。

最後に

いかがでしたか?メンズ整髪料のなかでもヘアムースの種類と選び方についてお伝えしてきました。ヘアムースは種類が豊富ですから、必ず自分に合ったものが見つかると思いますよ。ぜひいろいろと試してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です