目の充血をサクッと治す「ちら見エクササイズ」のやり方

eys

「鏡を見たら目が真っ赤に充血していた…」なんて経験ありませんか?目が充血していると、何だか疲れた印象になってしまいますよね。

ここでは目の充血をサクッと治す「ちら見エクササイズ」のやり方をご紹介します。特別な道具は必要とせず、いつでもどこでも取り組める簡単エクササイズです。

スポンサーリンク

なぜ目が充血するのか?

目の血管は非常に細いため、普段はほとんど目立ちません。しかし、何らかの原因によって目の血管が拡張すると、目が赤く見えます。これがいわゆる目の充血ですね。

ではなぜ目が充血するのでしょうか?目が充血する原因は、おおよそ2つに分類できます。

1つは「炎症」です。目にゴミが入る、あるいは、アレルギー物質や細菌から刺激を受けるなどすると、結膜が異物を排除しようと炎症反応が起きます。その炎症反応のひとつとして、目の血管が膨らむのです。

もう1つは「疲労」です。目が疲れてくると、回復のためにたくさんの酸素や栄養を必要とします。そうすると、たくさんの酸素や栄養をたくさん運ぶために、血管が拡張するのです。

炎症によって目が充血することもありますが、パソコンやスマートフォンを長時間操作したりする現代人は、疲労によって目が充血しやすいといえるでしょう。

これから紹介する「ちら見エクササイズ」は眼輪筋をほぐすことで、目の疲労をとってくれます。目が充血するほどではなくても、目が疲れたというときにぜひ試してみてくださいね。

「ちら見エクササイズ」のやり方

STEP1.正面を見る

まずはしっかりと正面を見ましょう。

STEP2.右横に10回ちら見をする

顔を動かさずに正面を向いたまま、右横を一瞬だけ見ましょう。自分の右耳を見るようなつもりで目だけを動かします。このとき、右横を一瞬見るごとに目を正面に戻すようにしてください。右横にちら見を10回します。

STEP3.左横に10回ちら見をする

同様に顔を動かさずに正面を向いたまま、左横を一瞬だけ見ます。自分の左耳を見るようなつもりで目だけを動かしてください。左横に10回ちら見をします。

STEP4.繰り返す

STEP1~3を1日に3~5セットほど繰り返しましょう。

スポンサーリンク

「ちら見エクササイズ」の効果は?

実際に「ちら見エクササイズ」に取り組んでみると、意外と目がスムーズに動かないことに驚く方もいるでしょう。目の周囲にある眼輪筋が凝っていると、上手に目を動かせなくなってしまうのです。パソコンやスマートフォンなどでずっと同じところに焦点を合わせている現代人に起きやすい症状です。

「ちら見エクササイズ」を習慣にすると、眼輪筋がほぐれるため、だんだんと目がスムーズに動くようになっていきます。そして、それと同時に目が充血することもあまりなくなってくるでしょう。

また、目の疲労によって頭痛や肩こりを引き起こしているケースもあります。そうした症状にも一定の効果が得られるでしょう。

最後に

いかがでしたか?目の充血をサクッと治す「ちら見エクササイズ」のやり方をご紹介してきました。どうしても仕事などでパソコンに長時間向かわなければならない方は、ぜひ休憩などで取り組んでみてください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です