就活性必見!学歴フィルターが存在する本当の理由

8815eb8e6dc4818f2961e251b1bdb1a6_m

学歴フィルターという言葉を耳にしたことはあるでしょうか?企業の新卒採用にエントリーした学生の選考過程において、まず在籍大学(出身大学)でふるい(フィルター)にかけてしまうことです。

学歴フィルターって本当にあるの?どうしてそんな不公平なことをするの?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

スポンサーリンク

学歴フィルターって本当に存在するの?

まずは結論から書いておきます。学歴フィルターは確実に存在します。もちろん、例外はありますが、大手人気企業は明らかに大学名で採用を絞っていると考えれます。

ただ新卒採用において学歴フィルターが存在していたとしても、企業はそれを導入していると公言することはありません。というのも、学歴フィルターを用いているということが広く知られてしまうと、企業のイメージダウンにつながってしまうからです。

建前では存在しないと言いながらも、実際には確かに存在する。それが学歴フィルターであると考えておいたほうがよいでしょう。

学歴フィルターが存在する本当の理由

ではなぜ企業はイメージダウンにつながるリスクを背負いながらも、学歴フィルターを用いるのでしょうか?

それは入社試験には多大な費用がかかるからです。大学入試では受験者からお金をとりますが、企業の入社試験では受験者からお金をとりません。したがって、企業は受験者が増えれば増えるほど、コストがかかります。

大手有名企業であれば、倍率が100倍以上になることも決して珍しいことではありません。たとえば、100人の採用枠に10000人以上の応募が殺到するわけです。

そうすると、すべての学生に面接することはほぼ不可能ということに…。いくら大手企業の人事部といっても、新卒採用にそれほどたくさんの人を使うことはできません。他にもたくさん仕事はありますしね。

スポンサーリンク

だから、最初の段階である程度まで受験者を減らさなければいけないのです。そのとき、WEBテストの成績やエントリーシートを参考にするわけですが、すべて一言一句読んだりできるわけではありません。新卒採用は時間が限られているからです。

傾向として高学歴であるほど優秀な学生が多いのは事実です。もちろん、すべてではありません。有名大学出身でもやる気や能力の低い学生はいますし、逆に無名大学出身でもやる気や能力の高い学生はいます。

新卒採用をする企業もこの事実はわかっているので、どうしても最初のWEBテストやエントリーシートなどで学歴が高い学生を通過させてしまうということです。

では一般学生はどうすればいいのか?

学歴フィルターが存在するのは厳然たる事実。そして、学歴フィルターを用いる企業側にもそれなりの言い分があるということでした。いくら不公平だと思っても、それは仕方のないことです。

では一般学生はどうすればいいのでしょうか?諦めるしかないのでしょうか?

まず1つの選択肢は大手有名企業に入社することを諦めることです。日本にある企業全体のなかで、大手企業に分類されるのはほんの1割以下です。残りの9割以下の企業に入社することを目指すのが賢い選択です。

しかも、あまり有名ではなくても、堅実に毎年利益を出していて、社員の福利厚生の整った企業はたくさんあります。どうしても社会に出たことのない学生は、テレビでCMをやっているような企業に意識が向きがちです。でもせっかく就職活動をするのですから、それ以外の企業にも目を向けるようにするのがよいです。

ただどうしても大手有名企業に入りたいという方もいますよね。そんな方はやはり採用担当者の目にとまる圧倒的な経験・実績をつくるしかありません。それがもう1つの選択肢です。

たとえば、「ヒッチハイクだけで日本一周」「テニスで全国大会出場」「TOEIC990点満点」「在学中に公認会計士資格取得」などなど。

新卒採用担当者も労力や時間をかけれないというだけで、大学名だけを見ているわけではありません。こうした圧倒的な経験・実績があると、書類を見ているときに目にとまりますし、しっかりと面接で判断してみたいと思うものです。しかも努力ができる学生として見てもらえる可能性が上がりますよね。

結局、人間どこかで努力をする必要があるのかもしれませんね。あなたの時間や労力は有限です。そうした時間や労力を上手に活用して就職活動を成功させましょう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です