シャンプーをするときの最適なお湯の温度とは?

suion

あなたはシャンプーをするとき、お湯の温度をどのくらいに設定していますか?

間違ったお湯の温度でシャンプーをしていると、頭皮や髪のトラブルにつながることがあります…。逆に最適なお湯の温度でシャンプーをすれば、頭皮環境や髪質が良くなるかも!

ここではシャンプーをするときの最適なお湯の温度について解説しますね。

スポンサーリンク

シャンプー時のお湯の温度が高すぎると…?

寒い冬にはついついシャワーの温度設定を上げてしまいがち。その高い温度のシャワーでシャンプーもしてしませんか?特に男性の場合、熱いシャワーでさっぱりするのが好きという方も多いですよね。

ただあまり高い温度のお湯はシャンプーに適していません。具体的には40℃を超える温度でシャンプーをしている方は要注意!というのも、お湯の温度が高すぎると頭皮の皮脂や保湿成分を必要以上に奪ってしまうからです。

「皮脂は汚れでしょ?落として何が悪いの?」と思うかもしれません。でも皮脂は必要だからこそ分泌されているもの。皮膚を乾燥や細菌などから守るためには欠かせません。

頭皮の皮脂を必要以上に奪ってしまうと、頭皮が乾燥したり、かゆみやフケの原因になってしまいます。逆に不足した皮脂を補おうとして、皮脂の分泌が過剰になってしまうことも…。

  • シャンプーをしても頭がかゆい…
  • 頭を洗ったばかりなのに、ボロボロとフケが出てくる…
  • すぐに頭皮が皮脂でベタベタしてくる…

こんな方は、もしかしたらシャンプー時のお湯の温度が高すぎるのが原因かもしれないですよ。

スポンサーリンク

シャンプー時のお湯の温度が低すぎると…?

食器洗いをするときのことをイメージしてみてください。水よりも熱いお湯のほうが油汚れが落ちやすいですよね。頭皮から分泌される皮脂も油なので、温度の高いお湯を使ったほうが落ちやすいです。

あまり高い温度のお湯でシャンプーをするのも問題ですが、冷たい水では頭皮の皮脂汚れを十分に落とすことができません。

汚れを落とすためにシャンプーをしているのに、それが落とせない。それではあまり意味がないですよね。ということで、シャンプーのときのお湯の温度が低すぎるのもよくありません。具体的には人間のおおよその体温である36℃を下回ると、十分に汚れを落とせなくなります。

シャンプー時の最適なお湯の温度とは?

もうお分かりだと思いますが、シャンプーするときに最適なのは「ぬるま湯」です。具体的にはおおよそ38℃前後がよいでしょう。これが頭皮の適度な皮脂を残しつつ、汚れを洗い流せる温度です。「ちょっとぬるいかな」と感じるくらいの温度がシャンプーにはいいんですね。

このくらいの温度でシャンプーを続けていると、頭皮や髪に必要な皮脂や保湿成分が、洗い流されずに残ります。そうすると、以前なら皮脂分泌のために消費していた栄養などが頭皮や髪に供給されるので、次第に頭皮環境や髪質が良くなるのを実感できますよ。

最後に

いかがでしたか?シャンプーのときのお湯の温度は、今日からでも変えることができます。なるほどっと思っていただけたのなら、ぜひ適切な温度でシャンプーをしてみてくださいね。

頭皮から出るフケ、かゆみ、皮脂のベタつきに悩むこともなくなるかもしれませんし、自然と髪にハリ・ツヤが出てくるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です