乾性フケを改善する7つの効果的な方法

atamakayui

毎日シャンプーしているのに発生するフケは本当に嫌ですね。頭皮のフケは「乾性フケ」と「脂性フケ」の2つに分類されます。ここでは乾性フケを改善する7つの方法について解説します。

≪参考記事≫
>>>頭皮のフケの種類
>>>乾性フケの原因

スポンサーリンク

1.シャンプーの仕方、回数を見直す

乾性フケの直接的な原因は「皮脂の不足」でした。フケを気にしすぎて何度もシャンプーをしたり、頭皮をガシガシと洗っていると、必要な皮脂まで奪ってしまいます…。それが乾性フケにつながるんですね。

間違ったシャンプー方法は乾性フケの原因になります。シャンプーの仕方や回数をを見直しましょう。以下のことを参考にしてみてください。

  • シャンプーは1日1回までにする
  • お湯の温度は35~40℃くらいが目安
  • シャンプーは手のひらで泡立ててから頭皮につける
  • 頭皮は指の腹でマッサージするように洗う
  • ちょっと多いかな」と思うくらいすすぎを丁寧に行う
  • もともと乾燥肌の方はお湯だけで頭を洗うのもあり

2.適度な洗浄力のシャンプーに変える

洗浄力が強すぎるシャンプーは頭皮の皮脂を必要以上に奪います。頭皮が健康な状態ならそれほど意識する必要はありませんが、乾性フケに悩んでいるのなら洗浄力の強すぎるシャンプーは絶対のNG!石油系シャンプーや石けん系シャンプーは洗浄力が強いので注意しましょう。

乾性フケを改善したいのなら、低刺激なアミノ酸系シャンプーがおすすめです。頭皮と同じ弱酸性のため、刺激が少ないですし、保湿力が高いものが多いです。頭皮の皮脂を適度に残してくれます。成分表示にはグリシン、メチルアラニン、グルタミン酸、メチルタウリン、サルコシン、ココイルなどが含まれています。

スポンサーリンク

3.頭皮を保湿する

あまりなじみがないかもしれませんが、頭皮用の保湿クリームやローションも販売されています。髪の毛をかき分けて保湿クリームやローションを塗ってあげると、頭皮の乾燥を防いでくれます。

また、シャンプー前に「椿油」「オリーブバージンオイル」で頭皮をマッサージするのも効果的!シャンプー時に必要以上の皮脂を奪ってしまうのを防ぐことができます。

4.カラーやパーマを控える

パーマ液やカラーリング剤は頭皮にとって非常に大きな刺激です。パーマ液やカラーリング剤によって頭皮環境が悪化、結果的に乾性フケにつながっていることもあります。

乾性フケに悩んでいる方は、頭皮環境が改善するまでは、カラーやパーマを控えるようにしましょう。

5.規則正しい睡眠をとる

睡眠不足は皮膚の抵抗力を低下させるため、フケを悪化させる原因に…。

そして、睡眠は「量」ではなく「質」で考えましょう。たっぷり睡眠時間を確保しているつもりでも、不規則なリズムではあまり身体にはよくありません。新陳代謝が活発になる夜10時から2時までの間にできるだけ眠っているようにすることが大切です。

6.バランスのとれた食生活を意識する

これはフケに限ったことではないですが、わたしたちの身体は自分が食べたもので構成されています。食生活が偏れば、身体に不調をきたすのはある意味当たり前のこと。できるだけバランスのとれた食生活を意識したいですね。

特に乾性フケの場合、ビタミンB群の不足に注意しましょう。ビタミンB群は皮膚の代謝に欠かせない栄養素です。どうしてもコンビニ弁当やインスタント食品に頼ってしまうという方は、サプリメントを活用するのも1つの選択肢だと思います。

7.定期的に運動をする

あまり意識しないですが、運動不足はストレスの大きな原因の1つです。そして、ストレスが頭皮の環境を悪化させて、フケを引き起こしていることもあります。実際、運動の習慣を持つことで、フケが改善したというケースもあるんですね。

そのため、定期的に適度に運動することをおすすめします。運動といっても、いきなりランニングをしたり、ジムに通ったりする必要はありません。お風呂上りにストレッチをしたり、1日20分ほどのウォーキングをしたり…。リラックスして楽しめることをしたいですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です