頭皮の乾燥はすべてNG!乾性フケの主な7つの原因

atamakayui

毎日シャンプーしているのに発生するフケは本当に嫌ですね。頭皮のフケは「乾性フケ」と「脂性フケ」の2つに分類されます。ここでは乾性フケの主な7つの原因を解説します。原因がわかれば、おのずと対策や改善方法も明確になってきますよ。

スポンサーリンク

乾性フケの直接的な原因とは?

乾性フケの直接的な原因は「皮脂の不足」です。皮脂というと何となく汚いというイメージを持つかもしれませんが、ある程度の皮脂は必要なもの。わたしたちの肌から分泌される皮脂は、肌の水分の蒸発を防ぐフタの役割を果たしているのです。

皮脂が不足した頭皮は、水分を保持できなくなるため、乾燥してしまいます。そのようにして、ポロポロとはがれ落ちてくるのがフケということですね。さらに細菌に弱くなる分、荒れやすくなり、かゆみも伴います。

ではなぜ頭皮の皮脂が不足してしまうのか?なぜ頭皮が乾燥してしまうのか以下では乾性フケにつながる間接的な原因を解説しました。

乾性フケにつながる7つの間接的な原因とは?

原因1.洗浄力の強すぎるシャンプーを使っている

乾性フケに悩んでいる方によくありがちなのは、洗浄力の強すぎるシャンプーを使っているということです。

市販のシャンプーのほとんどに合成界面活性剤が使われています。そうしたシャンプーは大領生産できるため、安く購入できるのですが、洗浄力が強すぎることも…。頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまうこともあるため、乾性フケの原因になります。

原因2.過剰に洗髪をしている

それほど洗浄力の高いシャンプーでなかったとしても、洗髪をしすぎはよくありません。必要な皮脂まで奪って、頭皮を乾燥させてしまいます。

1日に2回以上シャンプーをしているという方は注意が必要ですね。もともと乾燥肌の傾向があるなら、1日に1回のシャンプーでも多いかもしれません。また、爪を立てて頭皮をガリガリ洗うのも、乾性フケを引き起こします。

スポンサーリンク

原因3.ドライヤー

あなたは髪のセットのために何十分もドライヤーを使っていませんか?ドライヤーの熱風も頭皮から皮脂を奪います。

頭皮が健康な状態なら問題ないことですが、乾性フケに悩んでいる方はドライヤーの使いすぎにも注意しましょう。また、ドライヤーの風ができるだけ頭皮にあたらないように工夫するとよいです。

原因4.気候・季節の変化

日本の秋~冬は乾燥の季節。乾性フケは冬場にひどくなりがちなので、対策にも力を入れたほうがよいかもしれません。

また、夏場でもオフィスなどでエアコンを使っていると、空気が乾燥します。これも頭皮を乾燥させるため、乾性フケの原因になります。

原因5.生活習慣(食事・運動・睡眠など)

栄養バランスの偏った食事、運度不足、不規則な睡眠リズムなどは、頭皮のトラブルに直結します。頭皮も身体の一部ですから、日常の生活習慣の影響を受けます。

たとえば、食べものから摂取した栄養は、血液によって頭皮まで運ばれます。栄養バランスが偏っていたりすると、当然健康な頭皮はつくられません。また、頭皮の皮脂分泌のバランスが崩れるということもあります。

原因6.パーマやカラーリングによる頭皮の刺激

パーマ液やカラーリング剤は頭皮にとって非常に大きな刺激です。「今までは大丈夫だったのに、急に白髪染めで頭皮が荒れた」ということもあります。

パーマ液やカラーリング剤によって頭皮環境が悪化、結果的に乾性フケにつながっていることもあります。大量のフケやかゆみなどのトラブルを抱えている場合、カラーやパーマは避けるのが無難です。

原因7.遺伝・体質

遺伝的・体質的に乾燥肌という方も少ないですよね。そういった方は季節・気候の変化、生活習慣などの要因が重なることで、乾性フケになることがあります。

もともとの皮脂分泌量が少ないということなので、その皮脂を奪わないように意識しましょう。シャンプーやドライヤーにも気を遣いたいですね。

>>>乾性フケの対策をチェックする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です